SHを歌おう@wiki 聖なる詩人の島

聖なる詩人の島 -Λεσβος- (Lesbos)




00:00~
「ソフィア先生、フィリスです。
 浜辺で少女が倒れていたので介抱し、連れて参りました」 Cv:日高のり子
「お入りなさい」 Cv:岩崎良美
「失礼します。さ、アルテミシアさん」 Cv:日高のり子
「あ、はい……」 Cv:栗林みな実

【詩を詠む聖女:Σοφια】
 (Sophia, the poetry reading consecrated female.)

01:53~
場処 → ところ
【詩人の島】 → レスボス(Lesbos/Λέσβος)
海原女神 → サラサ(Thalassa/Θάλασσα)
太陽神 → イリオス(Elios/Ηλιος)
美女神 → カーラ

お嬢さん → Μισια(ミーシャ)

美しく → うるわしく
女 → はな

紡がれる縦糸
 (The Chronos is woven ...)
聖女は少女の~
 (The consecrated female detects the girl's strange ability.)
彼女が生きる道と~
 (She shows her the way and a method to live.)

04:15~
【記憶の水底】
 (The bottom of the water of memories.)

“そうね”
“誰より”
“彼女にも”
“今は”
“彼岸へ”

褥 → しとね

天空 → てん
大地 → ち
海原 → うみ
人間 → ひと
運命 → さだめ
女 → はな


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • poetry reading -> poetry-reading
    正中線をつけて、2つの言葉を1つにしなければなりません。つけないと文法が違います。

    and a method to live -> and method to live (コンサートにご参照ください)
    -- (kryuuri) 2013-03-27 11:59:40
  • 叙事詩について調べていたら「白き腕の女神ヘーラー」というのを見つけました。
    CDでは「カーラー」としか聞こえませんが参考までにご報告いたします。 -- (名無しさん) 2011-02-08 19:18:16
  • 歌詞カード…初回のほうは「をも」で、通常は「さえ」でした。 -- (名無しさん) 2009-04-14 00:54:10
  • 最後の部分、歌詞カードには
    「哀しみをも糧に出来る 女に成りなさい」
    って書いてあるけど、『哀しみ"さえ"糧に出来る〜』にしか聞こえない…
    俺の耳が悪いだけですかね -- (名無しさん) 2009-03-27 11:59:47
  • 一番最初のセリフは完全に「ソフィー先生」と言っていますね…。
    これは「ソフィア」の愛称というか、親しみをこめた短縮形です。
    マイケルをマイク、ティモシーをティム、サミュエルをサムと
    呼んだりするのと同じですね。
    -- (しんいち) 2009-03-14 11:28:30
  • >名無しさん
    「ミシェル」という名前の方はMoiraには存在しない方なので「ミーシャ」で合っています。
    -- (POP) 2009-01-27 01:32:47
  • 「お嬢さん」のところ「ミシェル」っていってるのかと... -- (名無しさん) 2009-01-26 20:48:48
  • どう聴いても『アルティミシアさん』じゃないだろうか?

    死せる乙女〜の読みも『ス』はつかないし。 -- (ナナシ紅) 2009-01-07 07:08:30
  • 最初のフィリスの台詞、「アルテミシアさん」ではなく「アルテミシアス」ではないでしょうか? -- (名無しさん) 2009-01-06 19:10:21