SHを歌おう@wiki 迎夏には夏物の服を

迎夏には夏物の服を


< >


過ぎし日々の追憶 淡い厨房は
誰かの明るい声に彩られてた
全力で逃げ去る夏の 背中を追い駈けて
見つけた答えは...大切な宝物

君となら怖くない 階段も跳び越せる
青色の鈴を響かせて…

迎夏には夏物の服 迎秋には秋物の服を
停まらない季節の波に 流され続けても
あの頃と同じ 変わらない君の笑顔は
この胸に陽を灯す…


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る