※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

急告

11/29日、とうとう注文件数が1万件を越え、銚子電鉄はオンライン販売を一時休止いたしました。詳しくは銚子電鉄ホームページをご覧下さい。なお、私(編集人)は、今後も小売り各店への卸は多少なりとも継続されるものと予想をしております(卸先は今回のフィーバー以前から買い支えてくれた支援者のわけですから、直販で売れまくったから卸せないということは決して言えないはずです)。ですので、お買い求めはお近くの各販売店、取扱店にてお願いします。なお、直販は早くて4月頃の再開ではないかと予想しております。また、注文番号にもよりますが、発送は概ね最大3か月から4か月かかるのではなかとかと予想しております。

今回のフィーバーを煽った人間の一人として、銚子電鉄の中の人に代わりまして、銚子電鉄を応援して下さる皆様のご理解とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願いを申し上げます。

「なんだ、買えないのか」という方は、銚子のぬれせんべい製造・販売をしている各店のものでぬれせんべいを初体験して頂きつつ、ワクワクテカテカしながら直販サイトの再開を生温く見守って下さるとありがたく思います。


がんばれ! でも頑張りすぎるな中の人!銚子電鉄の日記帳



notice:
昨日までに発送したぬれ煎餅の賞味期限が間違って07年を06年と印字して送ってしまったようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/choshidentetsu/181899.html
たぶんそれまでに全部食べてしまうのでしょうし、品質には問題ありませんが、気になる方はマジックで06→07と書き換えておいて下さい。



  • *いきなりで申し訳ないですが、ぬれせんべいを食べて下さい。
    よろしくお願いします。



銚子電鉄を知っていますか?


関東の最東端に本社を置く鉄道会社です。資本金は6910万円。鉄道会社としては非常に小さな会社です。銚子は元日の初日の出でにぎわうところで、元日には初日の出列車も運行されます。元々は銚子の醤油と外川漁港に揚がった魚を輸送するための鉄道として運行をしていましたが、地方鉄道の例に漏れず、現在では厳しい経営を迫られています。

「ぬれせんべいを食べて」って、どういうこと?


この銚子電鉄という小さな鉄道会社が「厳しい経営状態」という言葉以上に存続の危機にあります。

まずは、下の報道記事をご覧下さい。(web魚拓によるキャッシュ)



銚子電鉄のホームページをご覧下さい。
[http://www.choshi-dentetsu.jp/]



電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。

銚子電鉄商品購入と電車ご利用のお願い

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は、弊社鉄道事業並びにぬれ煎餅事業に対して、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、早速ではございますが、弊社は現在非常に厳しい経営状態にあり、鉄道の安全確保対策に、日々困窮している状況です。 年末を迎え、毎年度下期に行う鉄道車両の検査(法定検査)が、資金の不足により発注できない状況に陥っております。このままでは、元旦の輸送に支障をきたすばかりか、年明け早々に車両が不足し、現行ダイヤでの運行ができないことも予測されます。 社員一同、このような事態を避けるため、安全運行確保に向けた取り組むことはもちろんですが、資金調達の為にぬれ煎餅の販売にも担当の領域を超えて、取り組む所存でおりますので、ぬれ煎餅や銚子電鉄グッズの購入、日頃の当社電車の利用にご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第でございます。                                              

敬具

平成18年11月 吉日

銚子電気鉄道株式会社 代表取締役社長 小川 文雄
銚子電気鉄道労働組合 執行委員長   常陸谷恭弘
従業員一同


ぬれせんべい・その他のお菓子を買って食べるだけ。「支援」というと大げさですが、「ぬれせんうめえ」というだけの簡単でかつおいしい支援です。



何ということはない業務上横領の事件です。しかし、事件ということは被害者がいます。被害者は銚子電鉄という会社と、その従業員の皆さんです。しかし、果たしてこれで全部でしょうか。

年末の車検が受けられなければ来年元日以降は運行本数の削減を余儀なくされます。運行本数が減れば乗客数も減り、最終的には路線廃止へと追い込まれることになります。
鉄道ファン、決して大勢ではないけれどこの鉄道を必要としている人たち、未だ銚子電鉄と銚子電鉄のある風景を見たことのない方々。多くの方々が残念な思いをすることになります。
自分には直接の関係はなくとも、今あるものがなくなるというのはどことなく寂しいものです。私も一度見ておきたいと思います。しかし、なくなってしまえば見られなくなってしまうわけです。

普通の鉄道会社であれば、実際に出かけて切符を買わなければ売上げに直結しません。しかし、銚子電鉄はぬれせんべいを売っています。これなら銚子まで行かずとも銚子電鉄の力添えができます。数多くの皆さんにおいしいぬれせんべいを味わってもらいつつ、銚子電鉄の存続に助力して頂ければ、というささやかな(そして、あまりにも個人的で少々どうでもいい)願いからこのサイトを立ち上げた次第です。
ぬれせんべいを食べて下さい。よろしくお願いします。


記述の間違いなどがないよう細心の注意を払っておりますが、万が一記述漏れ、誤りがあった際の指摘、情報提供などはこちらのコメント欄よりご連絡下さい。

- , - , -


私も注文してます。複数買うならしお味買っておけば良かった…
届いたら画像うpします。

編集人様

この度は銚電オンラインショップをご利用いただき誠にありがとう
ございます。以下の内容でご注文を承りました。ご確認ください。

[注文No] 000752
[ご注文日時] 2006-11-19 16:21

---------------------------------------------------------
■お買上げ商品明細

  [商品No] 1
  [商品名] ぬれ煎餅(箱入り30枚セット)
           単価:2,500円    数量:1    小計:2,500円
  -------------------------------------------------------
  [商品No] 2
  [商品名] 玄米あげもち(しょうゆ味)
           単価:380円    数量:3    小計:1,140円
  -------------------------------------------------------
  [商品No] 3
  [商品名] ふわふわあげせん(ふわふわあげせん しょうゆ味)
           単価:250円    数量:3    小計:750円
  -------------------------------------------------------
  [商品No] 4
  [商品名] でんでんやき
           単価:430円    数量:3    小計:1,290円
---------------------------------------------------------

■商品代金合計:5,680円
■代引手数料:315円
---------------------------------------------------------
■お買上合計金額(税込):5,995円

メモ:12月、3月、4月、12月
添付ファイル