汎用イベント

訪問

学者

クイズ出題
このゲームに関するクイズを5問出題される。毎年12月に1回、全3回発生する。
名声と支配都市数が一定に達していないと来ない。初級で名声400以上必要?
3問以上正解すると名声が上がり、全問正解ならさらにアイテムが貰える。
正解が2問以下の場合は名声が下がる。
全問正解できずアイテムを手に入れ損ねても、翌年同じ難易度の問題を持って再び現れるので心配無用。
3DS版では超級問題が追加され、全4回発生。
貰えるアイテムは、
初級 中級 上級 超級
呉子 墨子 山海経 孫臏兵法
疫病治療薬研究への援助要請(3DS版のみ?)
領内で疫病が発生している時に発生?
疫病発生ターンにおける巡察イベント(定期イベント参照)は、疫病終息後には起こらなくなるため、
下がった民忠を取り返したいならこの訪問イベントより先にこなしておいた方がいいだろう。
「学者が訴えたいことがある」と出たらこれ。
  • 援助しないor訪問を無視
名声に変化無し。疫病は鎮まらない。
  • 金300
自領内の疫病が終息する。名声3程度上昇。
  • 金500
他君主領を含む全都市の疫病が終息する。名声7程度上昇。

勅使

在野武将

一騎打ち
君主がいる都市に武官タイプの在野武将(未発見含む。武力79以上?)がいると訪問し一騎打ちを所望してくることがある。
また金が一定以上ある場合、義理7以下の在野武将が金を賭けて一騎打ちしろと乗り込んでくる。

承諾した場合、その都市にいるいずれかの武将を選択して一騎打ちする。
君主も選択可能だが、選んだ武将はその月行動済みになり怪我をするおそれもある。
また自勢力が滅亡させて遺恨を持った勢力の武将でもこのイベントが起きるため、一騎打ちに勝てれば配下にできる可能性も。
  • 勝利
 負けた武将が登用可能になる。登用した武将はその月から行動可能。
  • 敗北
 名声が4%減少。割合で減少するので、元の名声が高いと大幅に名声が減ってしまう。金を賭けた場合は金も1500前後減少する。
  • 引き分け
 相討ちで双方体力ゼロになった場合は「珍しいこともあるものだ」と言って去っていく。この場合、「○○との名勝負が評判となりました」と出て名声上昇。
  • 断るor無視
 変化なし。嫌いな武将フラグなどは立たない。
 その武将が未発見だったら未発見状態に戻る。S2曹操で一部の歴史イベントを起こしたければ該当武将が訪問しても無視しよう。
略奪(3DS追加イベント)
君主がいる都市の在野武将(未発見含む)から、金を500払えば別の都市から物資を略奪してこようと誘われる。
話を持ちかける武将は性格が悪人or極悪または義理が一定以下?
発生を確認した武将:劉氏、呂曠、楊松、蔡中、糜芳、司馬懿

  • 断る(デメリット無し)
名声が2、3程度上昇する。
  • 依頼する
依頼した時点で金を500失い名声も2、3程度減る。
在野武将が素直に仕事をこなしてくれれば金か米が2、3000程度と結構な資源が手に入るが
依頼金を持ち逃げして姿をくらます時もあり、その場合は金と名声が無駄に減るだけに終わる。

アイテム献上
金と米の上納
名声が高い君主が金や米の不足で困っている状況だと、民が自ら金と米を収めに来ることがある。
ただし1つのデータにつき1回のみ。
劉備でプレイすると、発生条件が他の君主よりも緩いらしく出しやすい。
出陣要請
民忠の低い隣国の民が、内応するから出兵してくれと嘆願してくる。
  • 引き受ける
 その都市で戦闘中に煽動が実行可能になる。
 3ヶ月以内に出兵する必要あり、出兵しなかった場合は名声ダウン(名声の1%くらい?)。
  • 断るor訪問を無視
 特に名声に変化なし。
開墾の援助要請(3DS版追加イベント)
  • 金300
農業が5程度上昇。民忠3程度上昇。
  • 金500
農業が10程度上昇。民忠が5程度上昇。
  • 部下を派遣
農業が3程度上昇。民忠が2程度上昇。
これにより配下武将のその月の行動が「済」になる、ということは無い。
  • 訪問を無視
変化無し。

商人

アイテムを売ってくれる
米の買い占め(3DS追加イベント)
凶作で一儲けするため、米を高値で買い取らせて欲しいともちかけられる。
金1=米1の条件で米25000まで。参謀が善の場合反対するが、悪の場合賛成に回る
  • 取引する
基本値-5
通常の「内政」→「取引」と同様の処理が行われ、命令書を消費する。
ところが、その月の命令書を全て消費した状態で訪問を受けるとなぜか命令書無しで取引出来てしまう。
商人所在都市の武将全て行動済の状態(もしくは気力が足りない状態[※未確認])で取引をしようとすると、
担当武将選択の画面でエラーが発生し強制終了するので注意。
  • 断る
基本値+4(名声500以上) or +5(名声499以下)

配下の評判

名声が高いと月の初めに配下の一人がプレイヤー君主を尊敬して忠勤を誓うことがある。
その武将の忠誠+1。

禅譲

自身の名声600以上で、相性が近く名声400以上で敵対度が低く、血縁後継のいない君主が死んだときに起こることがある。
という普通にプレイして起こる確率は天和を上がるのと同じくらいの超レアイベント。
譲られるのが自分の君主である場合、受けるか否かの選択がある。

1度目は断らないと名声が下がる。ただし断りすぎると諦めて帰ってしまう。
名声が高ければ高いほど、使者は断っても「何とかお願いしたい」と食い下がってくる。
600ぎりぎりだと1回断っただけで帰ってしまう。MAXの1000だと3回は聞き返される。

なお、禅譲されて支配下に加わった都市の兵士は全員予備兵となる。
兵士の再編成、将軍位の任命、大量に加わる武将の忠誠上げ、担当の変更等々が複数の都市で発生するため
戦争で攻め取るとはまた別の苦労が味わえます。

狙って出してみたいのなら、シナリオ2の陶謙⇔劉備がオススメ。相性が近く、敵対度も低いからだ。

悪夢

君主のいる都市に在野武将がいなければ賊が出る夢、いれば在野武将に襲われる夢を見る。確率は低い。
悪夢にうなされたくらいでうろたえてはいけない
  • その在野武将を呼び出す
参謀に辞めるように助言される(コマンド選択済みなので間に合わない)
呼び出された武将は恐れて別の都市に移動する
  • 城下の探索
基本値-15 君主のいる都市の民中-5
  • 放っておく
基本値+15、たまに賊が入って金とコメを奪っていったり、在野武将に襲われて君主が怪我を負ったりする場合もある。
  • 斬る
在野武将を一人呼び出して無理矢理殺害する。名声が低下する?配下の忠誠度は変化なし。

修行

武将が修行に出てから3、6、9ヶ月目に発生する可能性のあるイベント。
一人で修行
武術の稽古をしたり瞑想したり。経験値1500程度アップ
稀に知力+1など。能力UPが無いほうがもらえる経験値は多い。
山賊退治
大半はこれ。成功すれば勇名、経験アップ。
稀に在野武将が率いている場合があり、倒すと弟子入り(仕官)してくる。
海賊退治
勇名、経験アップ。山賊退治より上昇値が高い。
水陣を覚えることもある。
3DS版では楼船を覚えることがある。
街の様子を見物
経験750上昇+アイテムをもらう。これでしか入手できないアイテムもある。
アイテムはその武将の所有物になるので、他の武将に授与したければ没収するしかない。
在野武将と意気投合
在野武将が仕官してくる。修行武将との相性が良いほど発生しやすい。
君主と遺恨関係でも修行武将と在野武将の相性が良ければ配下に出来るという利点がある。
在野武将に陣形を教えてもらう
成功すると在野武将が持つ陣形を1つ習得できる(水陣以外)。また知力が+1されることもある。
成否関係なく経験アップ。
在野武将と手合わせ
勝てば勇名、経験大幅アップ。仕官してくる場合あり。
疫病の看病
魅力+1、経験アップ
雨乞い
経験アップ(魅力アップ?)
迷って北斗南斗に会う
寿命のばし
北斗と南斗が碁を打っている所に出くわす
南斗が配下になる
【3DS版】北斗または南斗が仕官してくる。経験値1800程度上昇。

3DS版追加イベント

以下は修行に出てから3、6、9ヶ月目以外の月に発生。
大規模な部隊訓練
本国の模擬戦に参加する。「銅鑼」と「軍旗」から選択。
成功すると密集陣形を習得し経験値1000程度アップ。失敗すると経験値700程度アップ。
龍船大会
5・6月限定。「掛け声」と「太鼓」から選択。
成功すると走舸陣形を習得し経験値900程度アップ。失敗すると変化無し。
発生を確認した都市:北平・南皮・北海・下邳・江夏・建業・廬江
怪我をして華佗の所で治療を受ける
華佗の所属が自軍、在野の時発生する。敵軍、未発見の時に発生するかは未確認。
華佗の手際に感動し治療の仕方を教えてくれと頼みこむ。
成功すると生者の陣形を習得し経験値900程度アップ、失敗すると経験値500程度アップ。
司馬徽に兵法を学ぶ
司馬徽の所属が自軍、敵軍、在野、未発見を問わず発生する。
成功すれば八卦の陣形を習得し経験値1000程度アップ。失敗すると経験値600程度アップ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

■ データ
陣形・兵器
特殊能力
アイテム
成長
├ イベント
| ├ 定期イベント
| ├ 汎用イベント
| └ 歴史イベント
├武将データ
| ├ 史実武将・相性
| ├ 親子関係
| ├ SP武将SP武将3DS
| └ カード収集方法
BGM
都市データ



動画
■ 更新履歴
取得中です。


総数: -
今日: -
昨日: -



サイト左上の画像は三國志11登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.