※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

饕餮

とうてつ(タオチー)

  • スタイル:レッガー◎・チャクラ・ヒルコ●
  • 年齢:13 性別:♂
  • 外見:身長156cm 体重42kg 髪:金 瞳:右目:紫 左目:紅 肌:白。とてもチャクラに見えないぐらい、華奢。
  • オーサカM○●N生まれのヒルコであったが、サミュエル・黄に見出された。騙されてその凶手となり、様々な殺戮を繰り返していた。
  • サミュエルとともN◎VA三合会にやってきて、孫武流麗に出会い、初めて人の心に触れ、初めて親友を得た。 
  • 義理で動く事はあっても情で動く事はなかったが、孫武流麗との出会いを経て、情を理解するようになりつつある。
  • 現在はN◎VA三合会幹部である七星の"貧狼"の地位にあり、N◎VA三合会香主となった流麗のために、孫武と共にその腕を遺憾なく発揮している。


饕餮(トウテツ)

中国の4つの邪悪な種族の一つ。そのものたちを「四凶(しきょう)」と呼ぶ。
それぞれ、「渾沌(こんとん)」、「檮((とうこつ)」、「窮奇(きゅうき)」、「饕餮(とうてつ)」。
名前の意味は、「饕」が、財産を貪る、「餮」が飲食を貪るという意味になる。
いわゆる「大喰らい」ということである。
これらの種族はいずれも古代の聖なる帝王の不肖の子孫たちで、常人を凌ぐ高い知能と戦闘能力によって暴虐の限りを尽くした。
古代中国人は、これらを恐れ、4つの凶悪な怪物という意味で、「四凶」と呼んだという。
饕餮は、「炎帝」の子孫の「縉雲氏(しんうんし)」の子孫の、ある種の怪人である。
多毛で、頭上に豕(ぶた)を戴き、大変欲張りで財貨をためこみ、消費せず、老弱な者から財産を奪い、大勢のものは避けて、単独で味方のない者を襲うといわれているが、(その性格ゆえに「彊奪(きょうだつ)=無理矢理奪うという意味」「凌弱(りょうじゃく)=弱いものを虐げるという意味」といった別名も持つ。)『山海経』に加えた郭璞(かくはく)は、人間の頭は持っているが、身体は羊、もしくは牛で、羊の角を生やし、目がわきの下に付いていて、虎の歯を生やし、人の爪を生やし、赤子のような声で鳴き、人をとって喰らうと『山海経』に記された妖怪の、「抱'(ほうきょう)」が饕餮と同じ存在であるという。
『苟子(こうし)』にも、似たように書いてある。南米の羅願(らがん)の『爾雅翼(じがよく)』には、郭璞(かくはく)説通りに、「抱'(ほうきょう)」と同一であるとする。
レリーフなどにあるものの容姿は、巨大な頭が右側の身体に、そして、左側のもう一つの身体にくっついている。
前足2本は両方の身体を支えるので、6本足が普通である。
顔は竜であったり、虎であったり、人間であったりする。
美術史家はそれを「人喰い鬼の面」と呼んだ。
宋代の金石学者は、殷・周代の青銅器に彫られた紋様を、饕餮文字(とうてつもじ)と命名した。
これは、この怪物の余りの貪欲さに、これを器に刻み、戒めとしたもの。
これは、紀元前十四世紀頃、儀式用として使われていた。
青銅器に付けられた僻邪の怪物、饕餮も、かつては中国南部にいた稲作民族の奉じた神の一種だった。