※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葛城 真夏

パーソナルデータ

名前:葛城 真夏 (かつらぎ まなつ)
ハンドル:”クリスタルエッジ”
誕生日:8月17日
年齢:15歳
所属:星心高等学校
身長:165cm
体重:54kg
肌:白 髪:黒 瞳:はしばみ色
スタイル:カタナ◎●・カブト・バサラ
1人称:わたし
性格:あほがつくレベルの真面目でかつ意地っ張りで負けず嫌い。
容姿:漆黒の髪にはしばみ色の瞳、髪型は腰まであるロングヘアで背は標準、スタイルはかなりいい。
吊り目系の顔立ちで、休日のウェンズデイマーケットに黙って立っていれば誘蛾灯の如くスカウトが
よってくる程度には美人だが、見知らぬ人間に対しては無愛想無双であるため、大幅に減点されている。

設定

日本本土における鬼の名門中の名門、葛城家の末裔。
ただし、既に鬼の血は人間との混血が進んでおり、真夏には火の異能が発現している程度でしかない。
両親は千早の社員であったが、熾烈を極めたイワサキとの企業間抗争に巻き込まれ亡くなっている。
兄姉に、葛城 春風冬魔千春千秋がいる。
両親が亡くなったのは真夏が物心がついたかつかないかの頃で、家族は全員一丸となってこの危機を乗り越えるつもりであったが、葛城流退魔剣術の継承者であった叔父が真夏を引き取ると申し出た。
兄姉達は固辞しようとしたが、叔父が社会的な手段を持ち出すに至り、若輩の兄姉達にはなす術もなく養女へと出される事となった。
そうまでして叔父が真夏を手に入れたのは、一重に真夏の剣の才故であった。
だが、叔父の真夏に対する態度は熾烈を極め、兄姉は真夏を見捨てたと言い含めることでカタナ以外の生き方に目を向けないように仕向けていた。
最終的に、叔父は稽古中の”事故”で真夏に斬殺され、火宅より解き放たれた真夏ではあったが、カタナ以外の生き方が出来るはずもなかった。
しかし、ただの人斬りには成りきれず、兄姉の様に力をあわせずとも一人で何でもできると証明する、と目標を定めた。
さしあたってその目標を体現するためにカタナを続ける事で金を稼ぎ、高校に通っていた。
やがて自分の歩んできた道の意味を知り、現在では普通のバイトをメインとして食いつなぎつつ、苦しいながらも高校生活を続けている。
ただし、剣の道を捨てた訳でもなんでもなく、逆にその剣で人を助ける道も模索している。

意地っ張りで負けず嫌いなのが災いして、兄姉とは素直にうちとけきれてはいないようだが、真夏は決して憎んでいる訳ではない。
真夏の住んでいる場所もわかり、なんだかんだと理由をつけては兄姉達は真夏に会いに来ているので、いずれは時が解決していくだろう。
住んでいたアパートが火事で消失するなどの経緯を経て、巡り巡って現在は”天狼星”ゲキの家で奇妙な同居生活を送っている。
真夏はどうやらゲキに想いを寄せている節があるが、ゲキがどう思っているかは全くの謎である。

余禄

多分、N◎VA2ndの頃に作ったキャラクタです。
Dにはコンバートしてなかったけど、機会があったらやってみたいのう。