※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神也

かや


データ

名前:神也(カヤ)

年齢:?歳(10-12歳くらい)

性別:女

身長:137cm

体重:35kg

髪:黒色 肌:黄色 瞳:黒色

誕生日:8月8日

1人称:私

システムデータ

 スタイル:◎マヤカシ・●ハイランダー・ハイランダー

 一般技能:陰陽寮、アストラル

性格

子供らしくない、自己犠牲精神にあふれたところがある。

しかし、八鬼の気配を感じた時以外は外見に見合った言動をしている。

無論のこと、それは演技ではない。

容姿に関する設定

長い黒髪を後ろで簡単に纏めていて、おとなしい雰囲気、稲葉なんぞよりはるかに巫女さんした巫女さんだな。

と一緒に歩いてるのを見たが、姉妹って訳でもねぇんだよな?ただまぁ、外見はともかく、雰囲気は確かににてるんだよな。

ま、なんにしても将来性に期待って感じだ。(学園新聞部調べ)

設定

平安の頃、日本で猛威を振るった鬼、八鬼衆がいた。

八鬼衆はあまりに強く、当時の陰陽寮封魔が総力を結集し、罠にかける事でようやく封印するのが精一杯だった。

いずれ八鬼衆が内より封印を破壊するのはあまりにも明白だった。

そこで当時の防人達は”御柱の鎮め”と言う儀式を執り行った。これはヒルコとなる人柱を設置する事で、封印内の鬼より徐々に力を奪って人柱へと移す邪法中の邪法であった。

神也はその人柱として選ばれた娘であった。

元は貴族の落とし種で、出雲系の神社に預けられていた神也がそれに選ばれたのは厄介ばらい、という側面があったのかもしれない。

しかし、肝心の本人は皆の助けになるのなら、と若干迷いながらも人柱となる事に同意した。

そして粛々と儀式はすすめられ、”御柱の鎮め”が発動した。

神也は八鬼衆と共に、とある山に封じられ、八鬼衆の力を徐々に注がれながら、静かに眠った。やがて来たる滅びの時まで目覚めるはずもなかった。

だが、時は現代に移り、陰陽寮封魔が力を弱めた事で、”御柱の鎮め”の事が失伝されてしまっていた。このため、山に人が立ち入り、大規模な工事が行われた事で結界が破れ、八鬼衆は世へと解き放たれた。

やがて、八鬼衆に遅れて目ざめた神也は結界が失われた事を把握すると、自らの務めを果たすべく、八鬼衆を追った。

だが、平安に眠りに入り、目ざめてみれば現代だ。何もかもが変わりすぎていて、神也は途方にくれた。

「……どうかしたの?ひょっとして道に迷っちゃったのかな?」

そんな神也に優しい声をかけてくれたのが橘 雪奈だった。

そこへ、八鬼衆より差し向けられた鬼がやってきた。パニックになりかけた神也を護って、雪奈は良く戦い、鬼を倒した。

神也は雪奈が防人だと悟ると、ようやく頼れる相手を見出した開放感から泣き出してしまった。そんな神也を雪奈は優しく抱きしめてくれた。

やがて、神也は雪奈に事情を説明し、雪奈は神也と共に八鬼衆と戦うと申し出てくれた。

他に頼るべきものもない神也は喜んでその申し出を受けた。助力が必要である以上に、雪奈の温かさが嬉しかった。

八鬼衆は力のつながりがある、神也ですらわからぬ様に身を隠している。わかるのはその隠し場所から出てきた時だけだ。

だから、その時以外は、神也と雪奈は二人っきりの家族として過ごしている。

やがて神也にも伊達 あかりという友達もできた。

皮肉な事に神也は役目を全うできなかった事で、決して手に入れる事が出来ないハズだったモノを手に入れたのだ。

だが、八鬼衆を放っておくことはできない。

八鬼衆が力を取り戻せば、確実に今の世界を崩壊へと導くだろう。

戦うなら、封印するなら今しかないのだ。

しかし、八鬼衆を封印すれば、神也は再び眠りにつかねばならない。
そして八鬼衆が全て消滅したら、神也の命は即座に終わりを迎えてしまう。既に死んでいるべき彼女が時を越えて生きているのは、八鬼衆から力を得ているからだ。これが完全に絶たれれば待つのは死のみだ。

自分にはどうしようもならないジレンマの中で、神也はそれでも八鬼衆を倒すために前へと進む。

神也は立ち止まらない。たとえ、その先に待つのが終末だとしても。

大切な家族のために、友達のために。