※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

御鏡 雫

みかがみ しずく


データ

名前:御鏡 雫(ミカガミ シズク)

年齢:15歳

性別:女

身長:159cm

体重:49kg

スリーサイズ:B77/W60/H80

髪:黒色 肌:白色 瞳:黒色

誕生日:12月9日

所属クラブ:?

クラス:?

スタイル:◎カゲ・●チャクラ・カタナ

1人称:私

容姿に関する設定

 黒髪のショートボブに、ちょっと吊り目気味の大きな目。声はアルトで外見等からは落ち着きがあるように見られている。

 ぱっと外見だけを見るとツッコミ系の外見をしているが、その実態は全くもって逆と言い切って問題がない。方向音痴、何も無いところで転ぶ、等々そのドジっぷりを示す証言は枚挙に暇がない。しかし、その言動とは裏腹に中学時代、柔道で全国大会にでるなど、かなりの活躍をしていたというのも事実としてある。

 そういや、柔道をしてる時の彼女はもはや別人、なんてやっかみ半分の意見もあったっけなぁ。(学園新聞部調べ)

設定

 御鏡 雫という名は偽名である、と言える。と、いっても戸籍等を叩いて調べても埃はまず出てこないし、過去をあらっても特に不審な点は出てこない。御鏡 雫という名は本来は水魔の里の忍びが潜入等を行う際に名乗る名前の一つであり、それ故それなりの工作がなされている。

 ”御鏡 雫”は、雫とその双子の妹である澪との二人だけで作成された諜報ユニット…という事になっているが、水魔の有力者(上忍)である水鏡家の娘である雫と澪を安全な環境におきたかった、というのが真実である。実際、雫と澪は忍者としては半人前で、それ程重要な任務がまわってきたことは無い。

 通常は雫が、御鏡 雫として行動している。雫本人にはそれ程忍者としての自覚はない…というか、水魔の忍者らしい事はほとんど出来ない上に、生来のドジッ子体質のお陰で大抵の任務で失敗をやらかしてしまうため、忍者としての活動は主に澪が行っている。

 雫は格闘戦を得意としているが、それ以外の忍術や術法などはさっぱりできない。

 逆に、澪は射撃戦や術法を得意としており、格闘戦はあまりできない。つまり、二人一組で事にあたれば一人前以上の忍者として行動が可能となる…といいのだが、大抵の場合は雫が足を引っ張ってしまうので0.75人前といったところになっている。

 外見は一卵性双生児であるため、雫と澪とではほとんど見分けがつかない。

 ちなみに、雫が道に迷う、何も無いところで転ぶ、忘れ物をする、曲がり角で人とぶつかる、等は天然モノ。澪が同じことをしているのは演技。

 現在、里と連絡が取れない状態となっているため、澪はかなりぴりぴりとしている様だが、その辺は雫がうまくいい精神安定剤となっているようである。