※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

矢部 瑞希

やべ みずき


データ

名前:矢部 瑞希(ヤベ ミズキ)

年齢:15歳

性別:女

身長:151cm

体重:40kg

スリーサイズ:B81/W56/H84

髪:薄い茶色 肌:乳白色 瞳:明るい茶色

誕生日:10月10日

所属クラブ:格闘技研究会、陸上部

クラス:1-D

1人称:あたし

システムデータ

スタイル:◎チャクラ・●カブキ・ニューロ

技能:グルメ、制作:パン

性格

 明るいと言うよりむしろ騒がしい。この一言に尽きる。

 ともかく賑やかに騒ぐのが大好きで、人の輪の中に何時の間にか入っているタイプ。

 しかし不思議な事に、彼女と個人的に親しくつきあってる人間は数えるほどしかいない。

容姿に関する設定

 髪型は少し色の抜けた茶色の髪の毛でセミロング。

 全く度の入っていない伊達メガネ(これがまた激しく似合っていない)をかけており、運動する時には外して、髪をポニーテールでまとめている。

 背はクラスの中でも下から数えた方がはやい高さだが、ともかく脚モデルになれそうなくらい脚が綺麗。彼女自身は胸よりも脚よりも背が高くなって欲しいと願っているらしく、牛乳を欠かさぬ生活をしているらしい。

 人気があるんだかないんだか微妙なところなのは、彼女の普段の騒がしい言動の賜物だろう。

 それでも学園で1,2を争う脚美人なのは間違いない(学園新聞部調べ)。

設定

 青山のパンの有名店『デュヌラルテ』で働いていた、高名なパン職人の娘。

 仲睦まじい両親の間に生まれ、たくさんの愛情をもらいながら幸せに暮らしてきた。

 陸上方面の才能(主にスプリント、ハイジャンプ)に恵まれており、実際に中学の時に全国大会にハイジャンプの選手として出場し優勝経験もある。

 そんな幸せのさなか、瑞希は中学3年の夏に家族旅行で出かけた軽井沢で奇妙な交通事故にあってしまう。

 それは、何もない広い道であったにも関わらず、まるで大型トラックに突っ込まれたかのように矢部家の自家用車はつぶされてしまったのである(当時の政府機関では妖魔の仕業であろうと結論付けたものの、犯人は見つからなかった)。

 当時、母親は意識不明の重体、父親も数日の後に死亡した。

 瑞希だけがかろうじて無事に見えた。

 奇跡的にほとんど外傷はなかったのだが、頭を強く打ったのが原因で瑞希は左眼の視力をほとんど失ってしまった。しかも、時々何の前触れも無く身体の左側が麻痺をする。

 瑞希は暖かい父親と、空を飛べる翼を一度に失ったのだ。

 だが、瑞希はそれで腐ったりはしなかった。

 住む場所もあった。

 父親の保険金と、いつか独立するための資金として貯めてあったお金もあった。

 そしてなにより両親が与えてくれた命があるから。

 独りで生活はしていける。

 それに瑞希は瀕死の父親とある約束をしていた。

 だからこそ孤独に耐えて、必死に勉強して瑞希は何とか高校に受かることが出来た。

 やがて、母親も目を覚まし、まだまだ入院が必要ではあるが徐々に回復しつつあるらしい。

 そして現在、瑞希は入院中の母親の面倒を見ながら、自分なりに高校生活をエンジョイしている。

 将来は両親の夢であったパン屋を開業したいなー、等と考えつつ大好物のパンをほおばる毎日なのである。

『どんなに苦労したって、どんなに辛い目にあったって良い。楽しく生きるんだ、瑞希』

 この、父親との約束を守りながら。