※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立川 真

たちかわ まこと


データ

名前:立川 真(タチカワ マコト)

年齢:16歳

性別:男

身長:167cm

体重:60kg

髪:黒色 肌:黄色 瞳:黒色

誕生日:5月25日

所属クラブ:剣道部

クラス:1-D

スタイル:◎カタナ・●カタナ・カタナ

1人称:俺

容姿に関する設定

  短く刈り上げられた黒髪に、やたらと鋭い目付き。見るからに体育会系だが、まさにその通りの人間である。やや小柄だががっしりしていて、スポーツマン、っと一目で判る外見ではある。

 入学当初、なんとも不幸な事にいきなり焔と果し合いをして一方的に敗北してたな。

 最初の印象は人あたりがいい奴だったんだが、何だかだんだんおっかない雰囲気になってきた。人当たりのよさってのは変わってないんだが…なんていうのかな、雰囲気、としか言いようが無いな。まぁ、そういうわけで女子からの人気はイマイチだ。(学園新聞部調べ)

設定

真には一つの才覚があった。

それは平時では何の役にも立たぬ、むしろあればあるだけ邪魔な代物だ。

真を幼い頃に見た中国の人相見は『この子は100年に1人居るか居ないかの相を持っているが、それゆえにろくな死に方をしないだろう。生まれる時代を間違えてしまった可哀想な子だ』と言った。

不吉な言葉ではあったが、しかし、真はスポーツは得意だったが、ちょっとできる程度だったし、学校の成績がさほどいいわけでもない、いたって平凡な少年であった。

その才覚は眠ったままで、何も無ければ決して目覚める事はなかっただろう。

だが、あろう事かその何かが起こってしまったのだ。

それは高天原学園に期待を抱いて入ってきた入学式の事だ。

真はクラスメイトである伊達 焔に叩きのめされた。どっちが正しくて、どちらが悪い等という事はさして問題ではない。それは圧倒的な敗北であった。

何に負けてもさして悔しい、と思った事はなかった真だったが、これには打ちのめされた。

俺と奴と何が違うんだ?

答えの出せない真は中学までの時とは一味違った真剣さで真は部活に取り組んだ。

ゴールデンウィーク前、焔の提案で、真剣で勝負を行った。またしても惨敗であった。

だが、その勝負で真には-幸か不幸かわからぬが-得るものがあった。

生か死か、その二択に追い込まれ、極度の集中力が真のそれを起こしてしまった。

仕合の後と前では世界が違って見えた。

どうすれば、人を斬れるのか。

どうすれば、人に斬られぬのか。

真には手に取るようにそれが理解できた。

理解できても、身体がついてこない。

そうと判ると、真は徹底的に身体を苛め抜き、鍛え始めた。

全ては焔に勝利するために。

いや、焔だけではない。

皮肉な事に二度の徹底的な敗北が真にそれを思い知らせてしまった。

自分は、誰にも負けたくないのだと。

天が彼に与えた才覚。


それは傑出した人殺しの才能。


戦乱の世であれば名を残す事も可能であったであろうが、現代にあっては無用の長物。

生まれる時を間違えた彼がどのように生き、どのように死ぬのか。

それはまだわからない。