※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

“吸血姫”来夢

設定

名前 :来夢
ハンドル:“吸血姫/ヴァンパイア・プリンセス”
誕生日:?
年齢:?歳(外見は13~15歳)
所属:千早重工 相談役
身長:140cm
体重:28kg
肌:雪色 髪:黒 瞳:真紅
スタイル:アヤカシ、アヤカシ●、エグゼグ◎
1人称:私
性格:穏やかで不可思議な娘。
   永生者であるため、深い叡智をもっているが、普段の言動はせいぜい普通の少女。
   穏やかではあるが、あまり感情的な起伏はない。
   時折、悲しそうな瞳をする。

容姿:吸い込まれそうな真紅の瞳を持つ、長い黒髪が美しい少女。
   幼い外見の中にときおり妖艶な表情をする。

設定:吸血鬼の始祖、千早俊之を助け、千早グループの設立に助力する。
   普段は各地をフラフラと放浪しているが、最近は千早グループの相談役として、千早重工にいることも多い。
   アルドラ・ドルファンとも交流が深く、アルドラには姉として慕われている。

   基本的に女性の血しか吸わないため、その眷属はほとんどが女性である。
   性格は気まぐれだが、基本的には弱者に対しては優しい。

   彼女は“光の姫君”アシャンティアの母、モリガンの妹である。

   第二次世界大戦時に上海から日本に渡り、そこで妻子ある帝国軍人、深神少佐と恋に落ちるが、来夢を追う退魔士の前に命を落とす。
   この後、来夢は異性と恋をすることをやめる。
   そして、深神少佐の娘に血を与えたため、深神一族が夜の一族の名家となるのはまた別の話。

   なお、雷舞や舞夢は彼女のDNAから作られているので、外見は酷似している。

66Q


シナリオレポート


余禄

  • 雷舞、舞夢と来たので、来夢という混ぜたのをつくりたかった。
  • スタイルはアヤカシ×3なんだが、シナリオの必要にかられてエグゼグに。
  • とりあえず、ここで衝撃の事実、アシャンティアの叔母にあたります。
  • ついでに、ゴンのBBのキャラ、深神くんとも絡めてみました。
  • こいつも設定を厚く作ったら愛着がわいたキャストだね。