※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

稲葉 白兎

いなば はくと


データ

名前:稲葉 白兎(いなば はくと)

性別:♀

誕生日:10月12日

年齢:15歳

身長:154cm

体重:46Kg

スリーサイズ:B82/W62/W80

髪:黒色 肌:若干白よりの黄色 瞳:黒色

クラス:1-D

1人称:あたし

システムデータ

 スタイル:◎マヤカシ・●ミストレス・カブト

 一般技能:多摩市、アヤカシ

容姿に関する設定

 黒い髪をショートカットにしている。中学在校時に友達に誘われて脱色を試みたが、頑固な黒髪(?)であったため、ほんのちょっと前髪が赤くなった程度で終わってしまったので、二度とする気はないらしい。

 身長はやや低めで、スタイルもそれに見合ったもの。本人は胸がもっとあったらなぁ、とかウエストもっと細くしたいなぁとか考えているが、見映えが悪い訳でもないので特に努力をする気はなさそうだ。

 ぱっと見ではその辺にいくらでもいそうな外見だが、その絶妙な平均さがマニアック層(主に炉系)のみならず、そこはかとない癒しムードもあいまって同級生を中心に密かな人気を誇っている(学園新聞部調べ)

性格

 明るく、さっぱりした性格なので男女ともに話しやすい友人として評判は良い。

 結構間の抜けたところが有り、料理の味付けで塩と砂糖を間違えるくらいはお手のものである。

設定

 神代から続いていると言い伝えられている神社、稲葉神社の一人娘。

 この神社では代々魔物を封じており、白兎はその巫女として育てられた。

 白兎はいつも大福帳を持ち歩いており、これには数多の魔物が封じられている。

 この為、いまだ半人前ではあるが、107(本来は108。一体逃げ出した)の封印された魔物を使うことが可能である。

 余談であるが、祖先に白兎そっくりの巫女がおり、108の魔物を全て逃がしてしまって数え切れないほどの歳月をかけて全て集めなおしたと言う経歴を持っている。

 もちろん、それにそっくりな白兎も、そうとうにドジな部分があるため、いつかやりかねないと親戚筋からも心配されている。

 ちなみに祭られているのは兎神で縁結びのご利益があるらしいが、真偽の程は不明である。