※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芦野 あやめ

 あしの あやめ


データ

 名前:芦野 綾女(アシノ アヤメ) 本名:妖雌あるいは殺女

 年齢:15歳

 性別:女

 身長:153cm

 体重:45kg

 スリーサイズ:B86/W52/H83

 髪:黒色 肌:乳白色 瞳:はしばみ色

 誕生日:11月13日

 所属クラブ:料理研究会

 クラス:1-D

 1人称:あたし

システムデータ

 スタイル:◎タタラ・●アヤカシ・ミストレス

 一般特技:風魔社会、家事

容姿に関する設定

 垂れ目気味の大きい目に後ろで編んだ長い黒髪。背はやや低めだが、むしろスタイルはいい、とてもいい。それでいて、声はアニメ声で非常に甘い声である。挙句の果てに学校の成績までいいときた。

 エロ漫画辺りから飛び出してきたような萌えっぷりだが、彼女にはいかんともし難い欠点がある。

 それは山中 風太郎に尽くしまくりな事である。これを欠点といわずしてなんといわんや。

 わが親友ではあるが、一体どこがいいのかと小一時間(以下略(学園新聞部調べ)

性格

 犬タイプ。一度これはと思ったタイプにはかいがいしく世話を焼く。が、甘え上手というわけでもなく、その辺は不器用である。

 不満は内側に溜め込むタイプであるため、暴発時は大変危険。

設定

 風太郎にとって、綾女はどういった存在なのであろうか?

 幼馴染?

 幼い頃から一緒に居る便利な奴?

 それとも、いい子ぶった気に食わない奴?

 あるいは恋愛対象なのか?

 綾女にとっての風太郎は”綾女”にとっての全てである。


 15年前、極めて強力な力を持った妖魔が封魔の里を狙って襲い掛かった。

 次々と里が壊滅状態に追い込まれていったが、やがて、霧隠の忍びを中心に反撃に転じ、風魔の里にて妖魔を追い詰める事に成功した。

 だが、数多の忍の犠牲を払ったにも関わらず、消滅には至らなかった。

 ただ、弱らせただけ。

 このままでは時を待たずして復活するのは目に見えていた。

 封魔の忍を率いていた霧隠の忍は重大な決断を下した。

 風魔の里にいた、生まれたばかりの自らの娘にその妖魔を封じる事にしたのだ。

 当然のことながらこれは外法中の外法である上に危険ががつきまとうため、めったにこの手法がとられる事はない。

 しかし、当時の忍達には他の選択肢はなく、また時間もなかった。

 外法は成功し、妖魔は娘に封印された。

 この外法を施された娘を”妖雌(あやめ)”と呼ぶ。

 妖雌の扱いはきわめて難しい。

 いつ、妖魔に精神が冒されてしまうかもわからない。

 死んでしまえば、即座に封印がとけてしまう。

 最良なのは、封じられた妖魔の魂と、妖雌の魂がうまく混ざり合うように育て、やがて完全に混ざり合ったところで殺す事である。

 この外法が成就する事は難しい。大抵は数年単位の時間を稼ぎ、次の戦いを有利に運ぶために利用するのが実質的な使い方である。

 育てるものには当然危険がつきまとう。全ての里の上忍が難色を示したが、最終的に風魔の里の長が引き取る事にした。無論、風魔の里出身であった娘に外法を施した霧隠の忍の心情をくんだというのが最大の理由だ。

 やがて、奇跡的に問題なく綾女(妖雌)は成長していった。

 だが、ここまで成長すると政治的な意味が出てくる。

 綾女が極めて優秀な忍に育った事以上に、妖雌という存在はスケープゴートとしても優秀なのだ。不都合な事があれば、妖雌に押し付けて断罪してしまう事ができるからだ。

 それゆえに、各里や霧隠れからすらも綾女を引き抜こうと働きかけているのだ。


 綾女はそれら全てを知っている。

 それは、もちろん上忍である親方から知らされているからだ。

 自分は長くても18までしか生かさせてもらえない。

 その事実をしっている。

 子供の頃から風太郎とは一緒に暮らしてきた。

 でも、風太郎はその事を知らない。

 だからこそ、風太郎は綾女を恐れず、(必要以上に)卑下せず、ある意味対等に扱ってきた。

 それゆえ、綾女は風太郎の事を大切に思っている。

 と、言うのは理屈。

 綾女は風太郎の事が好きだ。

 好きなんだからしょうがない。

 だから、本当は、世話を焼いたり、一緒にいたりなんてしない方がいいのに、綾女はそうしてしまう。


『良いよね、今ぐらい良いよね。後ちょっとで終わっちゃうわたしの大切な思い出にしたいから。笑ってお別れできるようにしたいから。それまで普通の女の子みたいにしててもいいよね』


 そう心の中で呟きながら、綾女は今日も風太郎の世話を焼く。


 だが、周りの思惑とはうらはらに、綾女の封印は成功などしていない。

 妖魔の魂は、わずかばかり綾女と混じったが、大半は眠っているだけなのだ。

 綾女の見た聞いた経験を、感じた気持ちを、とりこんで養分としている。

 全ては忍どもを欺くため。いつか来るべき日のために妖魔は眠りつづける。

 深く、深く。

 その日が来れば、綾女は妖魔となるのか、あるいは綾女を食い破って妖魔があらわれるのか。

 破滅の日は、近い。