※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリス・クロスロード

 ありす・くろすろーど


データ

 名前:アリス・クロスロード

 年齢:16

 性別:女

 身長:167cm

 体重:48Kg

 スリーサイズ:B74W58H81

 髪:金色 肌:スノウホワイト 瞳:サファイアブルー

 誕生日:6月27日

 所属クラブ:帰宅部

 学年クラス:1-D

 一人称:わたくし

システムデータ

 スタイル:◎バサラ・●マヤカシ・ハイランダー

 一般技能:グレゴリ会、自我

容姿に関する設定

 蜂蜜色の長い髪に青い瞳な日本人受けのするブロンド美人。目は切れ長の釣り目系で背も高く、足も長くて、見るからにすらっとしている。

 高校生なんぞやらずに、モデルでも食っていけそうなくらい、すらっとした美人だ。

 日本語も(時々怪しくなるが)ぺらぺらだし、成績もよければ運動もできる。まさにミスパーフェクト…と言いたいところだが、俺は意外な弱点をしっている。

 いや、これはこれでマニアックな層には大うけな特徴なわけだが…そう、アリス・クロスロードはひんぬぉっ!?な、何だこの得体の知れない生物は!?げっ…こっちにくるなばかああやつらのてがぼくのあしを(ここで文章は終わっている

設定

 アリス・クロスロードは天才と呼ばれた少女である。

 事実、彼女は10歳の頃にはすでに片手を超える言語を解する事ができ、また、魔術においても一流の魔術師顔負けの才能を示していた。

 所属したイギリスのグレゴリ会や編入したBABEL機関でもその才能は如何なく発揮され、マーリンをして「コリャ無理じゃ」と言わしめたソロモンの魔法書の読解に成功するという偉業を成し遂げた。


 しかし、実のところ、その才を見出したマーリン自身にも彼女の度を越した成長ぶりは予想外だった。と、言うのもマーリンの目にはアリスの魔術師としての才能は凡百の魔術師となんら変わらぬものと映っていたからだ。

 では、凡百の才しか持ちえぬはずのアリスが何故ソロモンの魔法書の読解に至るまでになったのか?

 それは、彼女の度を外れたのせられやすさと負けず嫌い、そしてプライドの高さに起因する。

 マーリンにその才を見出された10歳の頃、アリスは初級呪文の練習に励んでいた。

 たまたまうまくいったのが、魔術を教えていた先生の目に止まった。

「アリスはすごいなぁ、天才かもしれないね」

 先生にとっては軽いほめ言葉であったが、しかしそれはアリスにとっては世界を変える呪文そのものであった。

 そうか、ワタクシは魔術の天才だったのですわ!

 そう己を認識してしまったアリスにとって、こと魔術に関して自分のわからない事やうまくできない事があるのは我慢がならなかった。

 わからない事があったり上手くいかない事があるのは当たり前の事だ。子供はそこで挫折を知りながら成長していく。

 しかしアリスは一味違った。

 わからない事や上手くできない事があっても、彼女は決して諦めなかった。

 諦めるという文字が子供の頃の(そして多分、今現在も)彼女の辞書からはすっぱりと抜け落ちていたのだ(正確には修正液で塗りつぶしていたに等しい)。

 何しろ諦めるという行為がその事象に対して負けを認めるに等しく、極度の負けず嫌いの彼女にとってはそれは認められない現実であった。しかも、自らを天才であると信じる彼女には必ず成し遂げる自信があり、諦める理由がなかったのだ。

 その結果、彼女は超人的な努力で全てを成し遂げていった。

 それを見て周りはアリスを天才と呼び、それがまたアリスに更なる自信をあたえるという、言わば勘違いスパイラルが今の彼女を作り上げたのだった。

 原因や過程はともかく、彼女は天才の呼び名にふさわしい存在としてBABEL機関で研究と実践の日々を送っていた。

 が、そんなある日、彼女はある噂を耳にした。

 それは『時の彼方に失われたハズの魔本”ネクロノミコン”の起動が成功した』というものであった。

 ネクロノミコンといえば、ソロモンの魔法書に勝るとも劣らない逸品である。

 ちょうどその調査を始めたばかりであったアリスにとって、それは面白くない噂であった。

 しかも、それを成し遂げたのは自分と同じ位の歳の日本人だと聞いて、アリスはもはや黙ってはいられなかった。

 ちょうどあがっていた、高天原学園への交換留学(と言う名目での出張)にアリスは飛びついた。

 そうしてアリスはまだ見ぬライバル(勝手に認定)と出逢うためだけに、日本語の教科書を片手に極東への航海へと旅立つのであった。


 良かれ悪しかれ。