※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1500メートル

陸上競技のトラック種目で、一般には中距離走に分類されますが、中学校では、長距離走として扱われ、体力測定や運動会でおなじみの種目になっています。しかし、中学の大会ではスピードがあがってきており、長距離というより、中距離として考え直すべきです。この傾向は特に男子において顕著です。

スピード豊かな400・800型の選手と、持久力に優れた1500・3000m型の選手がぶつかり合うため、混戦となります。800メートル同様、最後のスパートが勝負になるため、スピード練習は欠かせません。400メートル程度のインターバル、レペテーションが一般的には行われます。逆に、ラストスパートする余力がなくなることのない様に長い距離の練習も欠かせません。おなじみの種目にしては、実は練習の組み立てが難しい種目でもあり、いい指導者についくと飛躍的に伸びます。