※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

800メートル

トラック種目で、中距離に分類されます。中学校では、共通種目として扱われ、学年別種目はありません。そのため多くの選手が1500mで練習し、3年生で800に転向することが多くなります。中学レベルでは、実際には1500mとは大きく走り方が違うため、転向の場合インターバルや、スピード練習をして鍛えなおす必要があります。短距離の練習を併用することも忘れてはいけません。

400mの陸上トラックをちょうど2周します。スタート後はセパレートゾーンを走り、1周目第2コーナーを抜けるとオープンレーンにとなるのが一般的ですが、小規模な大会では最初からオープンレーンで走ることもあります。この場合は、スタートラインは斜めに引かれ、各選手に不利でないように配慮されます。

近年はスピード化の傾向が強くなってきていますが。中学生も例に漏れません。短距離走に近いスピードで疾走するうえ、オープンレーンになってからのポジション争いや駆け引きなども激しく転倒も多くなります。よく「陸上の格闘技」とも呼ばれ、人気があります。短距離に自身がある場合、2番手以降にぴったりとついて最後の200メートルでトップを奪うのが必勝法ですが、短距離が得意でない場合は早めにスパートして2位との差を離す戦略がとられます。スピード化の進む近年は、前者の戦略を採用する例がが圧倒的に多くなってきています。