※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中学の陸上大会

現在、東京都練馬区の中学生が参加可能な大会は、非常に多数あります。参加するには、各生徒を中体連に登録する必要がありますが、通常は、部活動に参加していれば、顧問の先生が行ってくれます。(陸上クラブに加入している場合、クラブ単位で申し込みできます。)

参加状況は、中学校によって大きく違いますが、沢山参加している強豪校がある反面、年に数回しか参加しないという中学校も多いようです。多くの大会に参加する顧問の先生は、大変忙しくなります。保護者の方も、顧問の先生を支援してあげてください。なお、近く開催される東京国体にあわせて、今後陸上競技大会の新設もいくつかあるようです。

東京都中学校体育連盟 陸上競技専門部 主催

都大会めざす、最も一般的な大会はこちらになりまます。西部大会までにあらかじめ定められた標準記録を突破すると、都大会など上位の大会に参加できます。陸上部のある中学校はほとんど参加していると思います。
時期 大会名(通称) 実施会場 参加資格
5月・6月 東京都中学校地域別陸上競技大会 区部西部大会(西部大会) 夢の島 1種目各校から2名
7月上旬 全日本中学校通信陸上競技 東京都大会(通信) 上柚木 標準記録突破者
7月下旬 東京都中学校総合体育大会陸上競技大会(総体) 夢の島 標準記録突破者
8月中旬 関東中学校陸上競技大会(関東) 1都7県持回り 都内で各種目3名選抜
10月中旬 東京都中学校支部対抗陸上競技選手権大会(支部対抗) 駒沢競技場 練馬区より各種目1名選抜

練馬区・教育委員会関係の大会

練馬区教育委員会・校長会がスポーツ教育の一環として行う「連陸」と、練馬区体育大会のなかの陸上競技大会があります。このうち「連陸」は盛大に行われ、秋の一大学校行事になっています。陸協公認の大会ではなく記録が公認されませんが、練馬区では公認大会がないため、この大会での記録を参考として、都大会である支部対抗選手権への参加者に選抜されます。区民大会の方は、土のグランドで手動計時ということもあり、参加校は少ないです。ほかに練馬区PTA連合会が主催する連合駅伝などがあります。
時期 大会名(通称) 実施会場 参加資格
9月末 練馬区中学校連合陸上競技大会(連合陸上、連陸) 国立競技場 各中学校からの選抜
10月頭 練馬区区民大会陸上競技大会 練馬運動場 特になし
11月中 練馬区中学校連合駅伝大会(連合駅伝、中P連駅伝) 光が丘公園 各中学校からの選抜
11月中 練馬区区民大会駅伝大会 光が丘公園 各中学校からの選抜
11月末 東京駅伝 練馬区選考会 練馬運動場 各中学からの選抜

東京都教育委員会 主催

東京都の子供たちの体力・運動能力の向上を目指し、平成22年3月から開始される大会です。中学生による初めての区市町村対抗「東京駅伝」です。各区市町村から選ばれた中学2年生が14人でたすきをつなぎ、42.195kmを走ります。
時期 大会名(通称) 実施会場 参加資格
3月 東京駅伝 晴海 各地区から14人選抜

東京都陸上競技協会 主催

どの学校からでも参加できますが、競技場が遠いこともあり、陸上に熱心な中学を除き参加していないのが実情です。学校で申し込みがない場合、保護者からの申し込みも可能な大会が多いので、HPをみて確認してください。
時期 大会名(通称) 実施会場 参加資格
4月下旬 中東京都中学生記録会 夢の島 特になし
5月上旬 東京都陸上競技選手権 夢の島 特になし
5月下旬 リレーカーニバル 夢の島 特になし
7月中旬 東陸上競技会 夢の島 特になし
8月中旬 国体代表選考会 駒沢競技場 特になし
9月中旬 東京ジュニア競技大会(東京ジュニア) 夢の島 特になし
10月下旬 アスリート記録会 大井埠頭 特になし
11月上旬 東京都中学校駅伝競走大会 荒川戸田橋 特になし
11月中旬 東京アスレチックカーニバル 国立競技場/大井競技場 特になし

日本陸上競技連盟 主催

トップクラスの成績の者だけが参加できます。標準記録のレベルは大高変く、練馬区では全種目を通して1人も参加できなかった年も多くあります。2009年度は5人と過去最高の参加者を出しており、練馬区の競技レベルもあがっています。
時期 大会名(通称) 実施会場 参加資格
8月下旬 全日本中学校陸上競技選手権大会(全国) 全国持ち回り 標準記録突破者
10月下旬 ジュニアオリンピック(JO) 日産スタジアム 標準記録突破者(突破者なしは優勝者)

他区や他の団体主催する大会(練馬区からでも参加可能なもの)

基本的に地元競技者のための大会ですが、多くの場合練馬区からでも参加できます。スポンサーがつくこともあり、メダルなどの賞品も豪華な場合があります。一般に、人気が高いため参加者が多く、夕方までずれ込むことがあり、その場合は大会名に「ナイター」とつきます。その他の区や、高体連の実施する大会もあり、顧問の先生の頑張りとコネ、そして保護者の支援次第で参加できます。
時期 大会名(通称) 実施会場 参加資格
4月上旬 板橋春季記録会 新河岸陸上競技場 特になし
4月下旬 大田区春季陸上競技大会 大井ふ頭 特になし
4月末 はちおうじT&Fトライアル 上柚木 特になし
5月上旬 豊島区春季他陸上競技大会 夢の島 特になし
5月上旬 北区陸上競技会 夢の島 特になし
5月末 板橋陸上選手権 新河岸陸上競技場 特になし
5月末 江東区陸上競技選手権大会 夢の島 特になし
6月下旬 はちおうじT&Fトライアル 上柚木 特になし
8月上旬 北区ナイター 夢の島 特になし
8月下旬 江東ナイター 夢の島 特になし
8月末 はちおうじT&Fトライアル 上柚木 特になし
9月下旬 新宿陸上競技会 駒沢競技場 特になし
9月下旬 板橋秋季記録会 新河岸陸上競技場 特になし
11月上旬 大田区秋季陸上競技選手権大会 大井埠頭 特になし
11月上旬 城北四区対抗親睦陸上競技大会 新河岸陸上競技場 特になし