※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

センター(C)について
5つあるバスケットボールのポジションのうち、センターの選手は多くの場合ゴール(バスケット)に最も近い位置でプレーする役割を果たす。バスケットボールのゴールは床から約3メートルの高さにあるため、基本的に長身でジャンプ力のある選手がセンターとしては有利である。ゴール近くでのシュートは長距離のシュートより成功確率が高いため、ゴール近辺では自ずと選手同士の接触が増える。そのため、肉体的な強靭さもセンターの選手には期待される。

オフェンスにおいてはゴール近辺での得点、あるいはゴール近くに相手選手を引きつけて味方選手が得点するチャンスを作る役目を負う。ディフェンスではゴール近くで相手選手の得点を防ぐことが求められる。相手選手のシュートボールを手で直接防ぐブロックもセンターに期待されるプレーである。そして攻守においてリバウンド(シュートが外れたボール)を得ることもセンターの選手に要求される重要な役割である。

NBAにおいては初期から長らく花形ポジションの座にあり、現在では考えられないような個人記録の多くは、当時のセンタープレーヤーによるものだが、近年ではガード、フォワード陣に主役の座を譲りつつある。

バスケットボールではポジションの役割を明確に区別しないこと(ボーダーレス化)もあるため、フォワード(スモールフォワード、パワーフォワード)の役割も受け持ったり(または重なる)、センターが複数存在する場合もある。このポジションのボーダーレス化に伴い、仕事場をゴール周辺に限定せず、外からのシュートも打てるヨーロッパ型のセンターが増加傾向にある。

求められる能力
接近戦に競り勝てる
  • ゴール周辺の高めのパスを確実にキャッチできる
  • ゴール下での確実なシュート
  • シュートのブロック
  • 的確なスクリーンアウトを行う
  • リバウンドへ積極的に参加し、確実に奪う
  • ポストプレー中心の力強い動き


名前:
コメント: