※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世紀末世界



はるか昔、善の神と悪の神の戦いがあった。

戦いは悪の神の勝利に終わり、善の神はその力を大いに弱めた。



アローナは豊穣のルーンを奪われ、大地は荒れた。

モラディンは金属のルーンを奪われ、道具が失われた。

ガールは繁栄のルーンを奪われ、経済が崩壊した。

ハイローニアスは正義のルーンを奪われ、悪徳が大地を支配した。

コードは力のルーンを奪われ、人々はモンスターに蹂躙されている。



そしてペイロアは滅ぼされ、太陽はその力を失った。

砕け散ったペイロアの欠片は、数万の星となり、数多の世界に散った。



そして時が過ぎ、人々が希望を忘れはてた時。

人々が明日より今日を生きるようになったとき。



若葉谷/四葉谷/青葉谷に「まれびと」が集まり始めた。

彼らは次元を越え、谷の巫女の声に呼ばれ、この地にやってきたのだ。



彼らはすべて「ペイロアの子」であった。

飛び散った欠片を身に宿し、体に太陽の印を刻まれていた。

伝説の始まり

善なる神は力を失いつつある。

それは、人々が希望を失いつつあるからだ。



「まれびと」たる君たちはなぜこの地に集められたのか?

それはまだわからない。



だが、巫女は言う。



「助けを求めるものが呼んでいます。

われらは行かなくてはなりません。



人々に希望を示しましょう。

そして、再び育てるのです。



明日を生きる勇気を。

未来を信じる心を。」



絶望は地に満ちている。

立ち向かう君達の力は蟷螂の斧かも知れない。

だが君達は諦めない。

明けない夜はないのだ!

  
添付ファイル