※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日のこと、いつものようにスネ夫の家でドラえもん・のび太・ジャイアン・スネ夫・しずか・出来杉が『ポケットモンスター』で遊んでいた・・・
スネ夫「『ポケモン』も飽きてきたねぇ。」
ジャイアン「そうだよな。やっぱりこれはフィクションだもんな。」
出来杉「じゃ、実際にポケモン世界に行って『リアル・ポケットモンスター』をやろうよ!」
しずか「出来杉さん、それどういうこと?」
出来杉「本物のポケモントレーナーとしてみんなでチャンピオンを競うんだよ」
のび太「面白そうだね。」
ドラえもん「確かに最近刺激が少ないからいいかもね。よし、まずルールを決めるよう!」
こうして、ルールが決められた。以下のとおりである・・・
1、ポケモントレーナーとしてチャンピオンを目指すこと。どのポケモンを連れて行くかは以下の通りとする。
  ポケ    トレーナー   
  コイキング  のび太
  ヒトカゲ  ジャイアン
  ゼニガメ   スネ夫
  フシギダネ  しずか
  コラッタ   ドラえもん
  イーブイ   出来杉 
2、出発地点はマサラタウンとする。
3、現代・未来の道具は一切使わないこと。純粋に知力・体力勝負とする。ドラえもんの4次元ポケットは没収。
4、100日以内に全バッチを集めてポケモンリーグに出場する(100日以内に集められなければ異次元の世界に消える)



ドラえもん「まぁ、こんなところかな。」
出来杉「そうだね。また、問題があればルールを追加しよう。」
ジャイアン「なんだか燃えてきたぜ。」
ドラえもん「よーし、ポケモン世界へレッツゴー!」
みんな「オー!」

のび太一向はマサラタウンについた
しずか「ここがマサラタウンね」
ジャイアン「うおー!やっとゲームが始まるぜ!」
ドラえもん「じゃあ皆にこれを渡しておくね」
スネオ「これポケモン図鑑じゃない!」
ドラえもん「せっかくだからバトルだけじゃなくてポケモン集めも楽しもうと思ってさ」
のび太「ますます面白くなってきたね」
出来杉「それじゃあ出発しよう!」
こうして皆相棒のポケモンを片手に出発した






ジャイアン「うおーーー!ヒトカゲ!ひのこだ!」
虫取り少年「ああ!ぼくのむしポケモンが」
ジャイアンは炎タイプのヒトカゲを生かし虫狩りを行っていた
ジャイアン「がははは!俺様は無敵だ!」
いつもの荒々しいやり方で虫取り少年を虐め金を巻き上げていたのだった
スネオ「ふん粋がっていられるのも今の内だ!何故ならニビシティのジムリーダーは・・・」
スネオは影からジャイアンの様子を見ていたのだ
スネオ「あの調子なら気にする必要はないな、よしニビを目指すか」
スネオはニビへ誰よりも早く到着したのだった