※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一回 キヨシとアツコ 作:コテツ・やさい・ますたー

キヨシは星を見ていた。
一方、アツコは夜空を見上げていた。
東京と佐賀-体は遠く離れていても、心はまるでサンドイッチのようにくっついている二人であった。

一方サトシはカツ丼を食べていた。サンドイッチではお腹が満たされない。

その頃北海道の札幌にいるタケシは、夕飯にサンドイッチとカツ丼を2人前づつ食べたにもかかわらず、お腹を空かせていた。

今はまだ、彼らは何も知らない。
しかし運命のサンドイッチは少しづつ、少しづつ彼らの人生を動かしていくのであった。

時刻は午後10時
キヨシはベッドに入ると昨晩の金縛りを思い出し、身を震わせた。
「明日にはジャックがくる・・・早く寝ないと」

しかし、キヨシはなかなか寝付くことができなかった。
ジャックとアツコのことを考えると、頭がいっぱいになってしまうのだ。
確か昨日もそうだった。昨日もジャックとアツコのことを考えていたのだ。

そしてそれは今日も来た。

「か、体が動かない・・・!」

そして時刻は午後10時すぎ
予定より数時間早くジャックはやってきた・・
いきなり飛び出すナイフ
コンマ数cmのところでナイフをかわすキヨシ
キヨシは持てる力を全て振り絞りジャックの腹に3発のマグナムエクスチェンジャーをぶちはなった。
「効いたか?」キヨシがそう思ったのも束の間ジャックは目を開き更に置いてあったサンドイッチを頬張った。そう・・・ムシャムシャとw

サンドイッチ・・・?この部屋にサンドイッチなんてあっただろうか・・・?

一体どこからサンドイッチが現れたんだろう・・・
考え込むジャックとキヨシ。

そうして二人は意気投合した。

一方サトシとタケシはと言えば、仲良く手を取り合うジャックとキヨシの夢を見て、安心してポケモンの世界に帰っていったのであった。


第一回 完

つづく





第二回 キヨシとアツコ2


キヨシは星空を眺めていた。一方アツコは夜空を眺めていた。そう、佐賀で・・・。
この夜、何かが起こる

つづく