暫定ストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(何かあったらぺぷっさん修正お願いします)
※あくまで暫定、詰めの作業が済み次第『決定ストーリー』の頁を参照して下さい
「”」で囲ってある所は後々固有名詞を代入した方がいいなと感じた所です。


第一話前編


部屋の中でダラダラと遊んでいる少年
中肉中背、いわゆる普通のゆとりである

「あーあ、つまんねぇなぁ」
「こんな何も無い世界なくなっちゃえばいいのに云々」

”何か”が起こり”世界”にぶっ飛ばされる

「何コレ!?まるでマンガやアニメみたいだ!」
「わくわくしちゃうよ、これ」

で、たどり着いた先は一面荒野
少年のテンションは否応無く上がる

「これで、可愛い女の子とか通り掛かるんだろ」

だが現実は無情、照りつける太陽による消耗は激しい
体力ばかりか、自分が物理的に消滅しかかる

「え!?どういう事?」

そこに一人の女?が通り掛かる=(ソニア初登場)

「ほらきた!フラグばっちりじゃん!」

しかし悪態をついて走り去る女
”少年”は自分の考えが甘かった事に気付く
このままでは訳も分からないまま消滅してしまう
対策は何も無い、焦る少年だった


第一話後編

製作中
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。