※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピカチュウ ♂

主人公。
トレーナーに変なニックネーム(ジコチュウ?ぎれ?)と付けられ、
嫌になりそのトレーナーの元から逃げ出した。
元々はカントーのトキワの森出身。
それがシンオウに来たのはアルセウスの暗躍があったと思われる。
シンオウのポケモンを支配し、そのトレーナーと人間
に復讐する事を誓う。 性格は少しせっかちな所もあるが割りと冷静。
口調は落ち着いていて威圧的。「〜だ。」「〜だろう。」など。
その態度でたまに相手を怒らせる。一人称は「俺」
ドンカラスに貰った特別なマントを身につけている。
危ない状況での的確な判断と、
持ち前の運の良さに助けられいくつもの戦いを勝利してきた。
その異常な程の運の良さに何ものかの影を感じる・・・?
アルセウスに傀儡と呼ばれ、利用されているようだ。
得意技は10万ボルトとボルテッカー。アイアンテールや影分身、身代わりなども使える。
頬袋に忍ばせてある風船で空を飛んだり、手下のドーミラーで波乗りしたり、器用である。
アルセウスに真実を聞き怒り、手下…仲間を守るためアルセウスに戦いを挑み勝利。
現在はカントー制圧を目指している。
アルセウスから贈られた金の腕輪を装備。
だが、使いこなせていないようだ。

ミミロップ ♀ 四天王

ミミロルだった時、ハクタイの森での生活に飽き旅に同行する。
ピカチュウの初めての手下。 性格は勝ち気で意地っ張り。
口調は普通の明るい子。一人称は「私」
湖で助けられて以来、ピカチュウに思いを寄せているが、
ピカチュウにはただの手下としか思われていない。
だが最近少しピカチュウの気持ちに変化が…?
チャーレムとの戦いの時に、ピカチュウに応援され進化した。
あまえるやゆうわくを使う。雷や炎を纏わせたパンチは強力。

ロゼリア ♂ 四天王

スボミーだった時、ヤミカラスに絡まれているところをピカチュウ達に助けられ、
旅に同行することになった。
性格は臆病だが意外と物知りで、ピカチュウ達の旅の助けになっている。
泣きだすと神通力が暴走する。
口調は丁寧な「です。ます。」一人称は「僕」
その後ザングースとの戦いでロゼリアに進化する。
進化してナルシスト気味に…?
得意技ははなびらのまいやギガドレイン。

ムウマージ ? 四天王

ムウマだった時、ピカチュウの話を聞き暇なので旅に同行することにした。
何を考えているのかよくわからないところがある。
その読めない行動がピカチュウの助けになったこともあった。
口調は語尾がのびる。ひらがな〜。一人称は自分の名前「ムウマージ」
レジロック戦で、もっとみんなのやくにたちたいと願い、闇の石の力で進化。

ドンカラス ♂ 四天王

ハクタイの森のヤミカラスたちのリーダー。
ピカチュウとの戦いに敗れ部下につくことを決意。
闇の石をピカチュウ達にあげたり結構良い奴。
ダンディズム。
口調はヤクザ風。一人称は「俺様」だったが、ピカチュウに負けてからは「あっし」
主に森の洋館で暇そうに留守番をしている。ビッパが連れて来る変な友達を
紹介される日々にうんざり気味。「帰れ。」
ピカチュウを追い詰めたり結構強かったのに…。
アルセウスとの決戦の時に黒い羽で緑の石版を破壊するなど、
やっと戦闘で活躍させてもらえた。
だがマニューラをアルセウスの攻撃からかばい戦死してしまう。
だが、アルセウスの力で復活。
|