初心者の方へ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在工事中です。




はじめに

phyzios studioの機能は理解しやすいので、そう悩むこともなく簡単に作品を作ることができます。
ただ、中にはちょっとだけわかりにくい機能もあり、どうして良いかわからなくなってしまうこともあります。

そんな方のために、 ここでは基本的な機能について紹介します


*注意事項
 今のところwinPC版の情報に基づき編集しています。
 お使いのハードがiphon/macの場合、説明が適切ではない可能性があります。


ゲームで遊んでみよう

まずはゲームで遊んでみましょう。
一度遊んでみれば、なんとなくどういうものか理解できると思います。

phyzios studioでは便利なチュートリアル機能を用意しています。
最初から他の作品を参考にするのは難しいので、チュートリアルを参考にすると良いでしょう。

トップページ左端にある↓のリンクからチュートリアルに行くことができます。



最初のステージは簡単にクリアできると思います。

そして次のステージ……。

゚д゚<床ガナインデスケド

道が途切れてしまっていますね。
そんな時はマウスをクリックして道を作ってみましょう。


これで渡れますね。
ゲームの最中に物質を描くことができる、それがphyzios studioなのです。

最初の3ステージでは壁を描くことができます。
以降のステージもマウスクリックを利用してクリアしていってください。

チュートリアルは全部で15ステージ。
壁、石、火、水、ひもの五つの物質を使うステージがあり、一つの物質につき3ステージ用意されています。
(物質について)

すべてクリアすると3000pts貯まるので、慣れてきた人もやってみる価値はあるかも?
ptsについては別の項目で説明します。


絵を描いてみよう

次に絵の描き方を説明します。
前回と同じように↓のリンクからチュートリアルに行ってみましょう。


(現在工事中です。)





描いた絵をゲームにしよう




アートピースを使ってみよう




ptsって?




工事中です。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。