非想天則 パチュリー・ノーレッジ 攻略wiki

メニュー


現在 - 人が読書中です
図書館内では静かにしましょう


基本情報



攻略情報

参考外部リンク



キャラ別対策



その他



リンク




対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

  • 訪問者
総計 - むきゅ~
今日 - むきゅ~
昨日 - むきゅ~


取得中です。

レミリア・スカーレット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ対リンク     パ緋
紅魔館の紅い悪魔。吸血鬼。
ヴラド・ツェペシュの末裔を名乗っているが真相は定かでない。
蝙蝠の如く素早い身体能力を持ち、相手を圧倒的な力の差に絶望させるとか。
紅魔館の図書館に住むパチュリーとは愛称で呼び合う仲。

動きも速いし固めも豊富と普通に立ち回っても中々有利には動けない。
ダッシュの性能で簡単にめくられるのでダッシュ逃げポイント、結界ポイント、ガード方向をよく見ること。
めくりJ2Aの押し付け、めくり3A、スライディングが脅威となる。
基本的にこちらの間合いは遠距離とレミリア真上と真下。
ただし、真上を取る場合は2C、ロケットキックアップ、不夜城、スカーレットデビルに気をつける事。
ガン攻めしてくるレミには泡が有効、ただし唐辛子で簡単に消されるので信頼性には欠ける。

ブレード使いなら全体的にはBブレードで牽制するといいだろう。
ドヨーかエメラルドは迷うところだが、レミ相手に限ってはエメラルドの方が若干優位か?
レミリア使いがガン攻め派かガン待ち派かで決めるといい。
ドヨーの場合はBドヨーで防御壁を作る感じ。遠距離なら潰されずに出し易い。
壁を作りつつじわじわ追い詰め、迂闊にドヨーをグレイズするところを打撃で狩る。

射撃戦はぱちぇが有利なので、当然ぱちぇさんに張り付いてきます。
とはいえ、遠距離でもグレイズ付きの必殺やダッシュ、グングニルなどのスペカに注意。
更に最近のお嬢様はフォークも投げてくるので油断は禁物。
やたらとグレイズ攻撃を多用するようなお嬢様にはガードからの反撃で分からせてあげよう。
空中の場合は大抵めくりのJ2Aとかが多目。
バカみたいに振ってくるような場合は迎撃C射で分からせよう。

Ver1.10により強化された組 Cチェーンの挙動が変更及びトリックが超高速化したので要注意
●Ver1.10修正点(暫定:レミリアスレより転載)
ウォーク  ≪Lv↑で硬直減、ただしガード時は同じ Cでも相手をすり抜けなくなった≫
トリック  発生超加速
クレイドル ≪Lv0ではほとんど無敵発生せず≫ ・発生も遅く
      レベル0   B:なし→なし/C:なし→あり
      レベル1↑ B:あり→なし/C:あり→あり (無敵:発生前→発生後) 

キス    Cの移動速度が向上 ・食らいモーション中も当てられるように
フォーク  ダメージ向上 ・壁バウンドするように
チェーン  C版 相手に張り付く、いろいろキャンセルできる。相殺判定がないので注意。

アロー   ≪Cで裏に回り込み≫ 発生加速、Lv↑でさらに
スティグマ サイズ低下、Lv↑で元に戻る ・LvMAXで5Hit ・硬直長

HB     下方向の判定が拡大?システム改変のせいかもしれない。
悪女    クレイドルからのキャンセルが出来なく ・判定が小さい?
不夜城   発生速度加速? 要検証

グングニル HB同様に判定拡大?
ミレニアム 発生超加速 コンボに組込可
ストレッチ 発生加速  スーパーアーマー付属

ドラクレ  威力微増?



基本

  • 立ち回り

素早い動作と特殊なダッシュで
素早く近寄ってAAAA・・・
特殊なステップを利用してのJ2Aやトリックスターデビルあたりでめくり
デーモンロードウォークでのグレイズや、
射撃サーヴァントフライヤーとグレイズ付デーモンロードアローと一緒に飛んできたり
空に逃げればロケットキックアップ、デーモンロードクレイドル
ガードに徹してれば、ガー割かバンパイアキス


地対地
近距離
中距離
遠距離

空対空
地対空
空対地


  • 起き攻め


スペル対策

  • 紅符「不夜城レッド」
3コススペカ
緋時代では切り替えしとして非常に優秀だったらしいが、非で大幅に弱体化
無敵発生時間の遅延・・・一言でいうと劣化鬼縛陣。
某使徒撃破したときの光によく似ている。
スカった時には反撃し放題。
5コスの紅魔「スカーレットデビル」はこれの強化版。(威力、範囲、暗転から無敵)


  • 運命「ミゼラブルフェイト」
無数の鎖を放つ3コススペカ。
レミリア自体には無敵はないが、追尾性の高いチェーンが高速展開。
切っ先~チェーンの部分(光)で攻撃を発生する。
磨耗射撃で割り能力もそれなりに高く、霊力が少ない状態で空中にいるとこれで割られてしまうことも。


  • 夜符「バッドレディスクランブル」
空中可能の差し込み3コススペカ。
主に台風で放たれる。台風でも地上にいればB春風で華麗に回避が出来るので台風時の空中戦は諦めよう。
台風以外には、レミが壁を背負っているときに差し込んでくることがある。


  • 神槍「スピア・ザ・グングニル」
高火力4コススペカ。必殺「ハートブレイク」(2コス)の上位版。その威力やスピードは凄まじい。
相殺判定はレーザーと同等で全ての射撃を突き抜けてくる。
暗転中は完全無敵だが肝心の暗転時間が短いため切り返しで使われることはない。
暗転~射出後しばらくグレイズ判定があるので、水柱など射撃の硬直差し込みに使われる。(これはハートブレイクも同じ)
差し込み以外に主にコンボ用として用いられるが、途中で落としてしまうため画面端で繋げられることはないだろう。


  • 悪魔「レミリアストレッチ」
ガード不能の打撃で大ダメージを与える4コススペカ。
しかし攻撃判定発生までかなりの隙があり無敵もアーマーもない。
例によってネタスペル扱いを受けるが、ダイヤモンドダストの起き上がりの時には注意。
後方に逃げるか、6Cなどで潰すこと。

※Ver1.10 スーパーアーマー付属。逃げるorハベスタなど推奨。B春風で凌げるかは要検証・・・でも激ムズだろうな。

スキル対策

  • デーモンロードウォーク
ダッシュ状態時にグレイズ判定がある打撃必殺技。
主に置き射撃と一緒に飛んでくる。
低ランク層で常用される割にぶっぱ用途に関してはそこまで強技でもない。低空J6AやhJ2Aで撃退しよう。
また上方向にはあまり強くなくC版は途中で一瞬グレイズが切れるので、空中にいる場合はJCやJ2Cなどが安定。
ガード出来れば反確だが、そこを潰そうとスペカを光らせている場合もあるので相手の手札をよく見ておくこと。

※Ver1.10 超高速化。要注意スキカ。


  • サーヴァントフライヤー
出す前には隙が多いが、出てしまえば連携手段として使われる。
またダウン時にサーヴァントを重ねて一緒に突っ込んでくるというのがレミの常套手段。
特に低ランク層では一つ覚えのように使う場合も多い。
パチュリーに対しては速射のフォークを書き換えてくるレミの方が多いが、対策は怠るべきではないだろう。
遠距離で出してからレミリアが突っ込んでくるようならB水柱を置いとけば全弾相殺できます。


  • デーモンロードアロー
後方の壁に張り付いたのちグレイズ付で高速に体当たりをしてくる。
素直にガード。ガード後はCサマレやスペカ等。6Cだと銃口補正でスカる可能性大。
台風の時は頑張って回避してください。


  • トリックスターデビル
自機の後方に高速でワープしてツメでひっかく。
Bは前方>後方に移動、Cは前方>後方>前方に移動
主にB版がくる。隙が少ないので、ジャンプかガード方向を反対にするか・・・らしい。
Hjで避けたいが、運がよければC射があたるかもしれない。
これもまた、低ランク層で多用される傾向にあるので、ある程度慣れておくといい。

※Ver1.10 やや弱化。


  • ロケットキックアップ
対空技。うかつに空にいると狙われる。
夜符「デーモンキングクレイドル」(2コス)含めて同じ感じでフォークあたりで代用する人も?


通常技対策

  • 溜めC 
コウモリ形状が3匹でます。速度は遅めなのでレミリアの必殺技と同じタイミングでつっこんでくる。
サーヴァントフライヤーと基本的には同じ使われ方。
サーバントは魔法陣置かれた後にコウモリ形状の射撃がきますが、
こちらは発生が遅いのでレミリアが反対側に回る場合もある。
隙だらけなのでしっかり6Cで差しましょう。

  • 3A
某麻薬組織の総統っぽいスライディング。
勿論下段。中距離や固めで距離が多少離れたときに使ってくる。
持続をガードしてしまうと、正ガでもこちらが不利となるので、近Aから固め継続されてしまう。理不尽。
密着で正ガードすると確反を取れると思いきや、クレイドルとの読み合いとなる。しっかり読み勝ってフルコンを入れてやりたいところ。
理不尽な技の筆頭候補なので、間合い内では下段ガードを意識しておこう。

  • J2A
レミの生命線。
飛翔で表裏を揺さぶり、これで狩る…といったものだけでなく、
グレイズ狩りや固めなど様々な用途に使われる。
相手が迂闊にJ2Aばかり狙ってくる場合はC射重ねが有効。

天候対策

  • 天候
 ○台風
  アローがガード出来なくなり、連発されると面白くない結果になる。射撃のHIT数も厄介。
  こちらがセレナやロイフレ等を握っていればいいのだが…バクステ回避をお忘れなく。