第一回 2009 > 10 > 25


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まずは今の流行、「機動戦士ガンダム00」出典の機体についてお話ししましょうか。

ガンダム00は少し前に放送していたので知らない人のほうが少ないとは思いますが、
MST内での扱いに関しては詳しく知らない人のほうが多いんじゃないかと思います。
なので、今回はいくつかの特徴について触れてみましょうか。

○0ガンダム
言わずとも知れた、最初の太陽炉搭載MSです。
こいつを元に第2世代、第3世代とソレスタルビーイングはガンダムを発展させていったんですよね。

○GNフィールド
ある世代からの太陽炉搭載型MSから搭載されている防御能力ですね。
こいつは実弾・ビーム問わず、命中した攻撃を無効化させてしまいます。
しかし、力場を発生させるには相応のENが必要とします。
ENを注ぎ込めば注ぎ込むほど強い防御力を得られるってことですね。
あと、いつでも即座に展開させられるように毎ターンENを5消費してます。
メリットを得るためにはデメリットを払うっていう典型的なパターンですね。

○トランザムシステム
こいつも、ある世代の太陽炉搭載型MSから搭載されている機能です。
発動条件は残耐久が4割切ったあたりですね。
毎ターン消費するENが10増える代わりに、機体性能が増加するという代物です。
しかし、上で触れたようにGNフィールドで攻撃を弾いてるのですから、
簡単に発動条件を満たすことは無いように思えます。
まさに切り札、って感じの能力ですね。

○GNドライブ
作中では半永久的にENを生み出せるとされているMSのエンジンのことです。
上記で紹介してる太陽炉搭載型MSってのは、こいつを搭載している機体のことですね。
半永久的に、とはありますが戦闘行動中は生み出すENより消費するENのほうが多いと思われるので、
熊猫MSTではENが回復する仕様はついていないです。
作中でも、GN粒子の量が足りないとまともな戦闘行動が取れませんでした。
残ENが約1割になると上記2つの特殊能力が使えなくなって、武器の残弾数が0になるっていうのは、
これを再現したものなんでしょうね。

さて、ちょっと喋り疲れたので今回はここまでにさせていただきましょうか。
次がいつになるかは分かりませんけど、またのご来店お待ちしておりますよ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。