汎神論


概説

汎神論(英:Pantheism)とは、宗教・哲学における神の解釈の一種で、全ての物体・法則に神性が宿っている、または一切が神そのものである、とするものである。万有神論ともいわれる。古くはウパニシャッドの梵我一如、ストア学派の哲学、近代ではスピノザ、シェリング、ヘーゲルの思想がこれに属する。

汎神論を意味する英語の pantheism は、ギリシア語の pan(全て)と theos(神)を語源にする語で、文字どおり「全ては神」、または「神は全て」を意味する。

汎心論は万物に心的なものが宿っているという考えであり、汎神論の「神」を「心」に置き換えただけとも解釈できるが、大きな違いは、汎神論の場合は世界全体に統一的な意思の存在を想定している点である。ヘーゲルの「絶対精神」はその典型である。

心の哲学における汎神論

心の哲学においては、スピノザの汎神論的な心身並行説中立一元論の原型とみなされている。スピノザにおいては神だけが唯一の実体であり、その実体は「意識」と、デカルトが延長と呼んだ「大きさ」をもつとされる。もちろん我々人間の意識も神の一部なのである。この世界を広がりを持つものとして考えれば「自然」と呼ぶことになり、意識を持つものとして考えれば「神」と呼ぶのが相応しい。「神」と「自然」という言葉は、心的な特徴と物理的な特徴を併せ持つ単一の実体を指す二つの用語なのである。

汎神論論争

汎神論論争(独: Pantheismusstreit)とは、18世紀後半にドイツで起きたスピノザの哲学をどう受け入れるかという一連の論争のことを言う。したがって、この出来事をスピノザ論争ともいう。

スピノザの「神即自然」(deus sive natura)という思想は、当時のキリスト教から無神論とみなされ、主著『エチカ』(Ethica)は、長い間人々の目に触れることはなかった。キリスト教が定義する神とは、人格神であり、世界の外部にあってこの世界を創造した超越的存在なのだから、神と世界を同一視したスピノザの汎神論は無神論と解釈できる。長らく「スピノザ的」という表現をした場合、それは無神論であり、一種のタブーとされてきた。

キリスト教と同じ神を信じるユダヤ教・イスラム教においても汎神論は否定される。森羅万象を神と定義づけてしまうと人間の中にも神が宿っていることとなり、それはすなわち人間が犯す罪は神が犯した罪ということになるからである。


  • 参考文献
S・プリースト『心と身体の哲学』河野哲也・安藤道夫・木原弘行・真船えり・室田憲司 訳 1999年
  • 参考サイト