物理主義


概説

物理主義(英:Physicalism)とは、この世界の全ての物事は物理的であり、また世界の全ての現象は物理的な性質に還元できるとする哲学上の立場である。心の哲学においては心的なものの実在性を否定して、物理的なものだけが実在するとし、心的因果を否定する。一元論の一種。物質一元論とも呼ばれる。

唯物論(Materialism)」は同じ立場の思想であり、物理主義という語と互換的に用いられている。唯物論という用語は17世紀のライプニッツによるものであるが、物理主義とは20世紀のオットー・ノイラートの定義によるもので、論理実証主義から派生した概念であり、歴史的脈絡が異なるというだけである。

「物理的」という言葉の定義は、時空間的であり運動できるもの、とされている。

柴田正良によれば、人間の精神を素粒子群の運動や配置に還元するのが素朴な物理主義(folk physicalism)である。そして思考実験として同時に複数の自分を作れば、彼らは皆自分とみなすのが物理主義であり、逆に私とは私の「心」であるとするのが素朴なメンタリズムである。

物理主義は、心的な性質を含む世界の全ての出来事は、物理法則に従った物理的原因をもち、その物理的原因は出来事の「十分条件」であると考える。これは心的な性質が物理的なものに作用することや、一つの出来事に物理的原因と心的原因が独立して存在する「因果的過剰決定」を否定するものであり、物理領域の因果的閉包性といわれる。またデイヴィッド・パピノーやティム・クレインは「物理学の完全性」と呼んでいる。

物理主義の極端な形が「機械論的唯物論(mechanical materialism)」であり、人間の精神をも物質に還元し、全て力学的な法則によって説明しようとする。無神論でもある。古代ギリシャのレウキッポスの原子論に始まり、近代においてホッブス、ラ・メトリー、エルヴェシウス、ドルバック、ディドロ等フランスの唯物論者が機械論に基づく唯物論を徹底する。

物理主義には行動主義心脳同一説機能主義非法則一元論表象主義など多様な立場があるが、どの立場も以下の主要な三つの原理を前提としている。
(1)唯物性の原理、反デカルト主義の原理
この世界に存在する全てのものは物理的であり、心的なものも実際は物理的なものであり、デカルトのいうような純粋に非物理的なものは存在しない。
(2)付随性(スーパーヴィーニエンス)の原理
心的なものは物理的なものに付随し、物理的なもののあり方が確定することによって心的なもののあり方も確定する。物理的性質を完全に同じくする二つの対象は心的性質をも完全に同じくする(しかしその逆は成り立たない)。
(3)物理的領域の因果的閉包性の原理
どの物理的対象も、他の対象の物理的性質だけに言及することによって適切な因果的説明を与えることができる。物理的なもの以外に説明を求める必要はない。
上記の三つの原理はどの立場の物理主義においても認められるような、物理主義の必要最小条件である。

デイヴィッド・チャーマーズは意識の問題を「ハード・プロブレム」と「イージー・プロブレム」に分類して、物理主義の方法ではハード・プロブレムを解決できないと主張したが、物理主義ではハード・プロブレムはイージー・プロブレムの総和であるとし、解決できると考える。

歴史

物理主義の歴史とは唯物論の歴史とイコールである。詳細はWikipedia唯物論の歴史を参照のこと。

現在の心の哲学においては、物理主義は言葉に唯物論の意味しか持っていない。物理主義という名称が使われるようになったのは、主に便宜的な理由からである。物理学の中に物質(material)と呼びがたい対象が増えてきたため、そしてマルクス主義の弁証法的唯物論との混同を避けるためである。

物理主義の問題

物理主義の主張の核心は、心は物質世界または物理世界の一部だ、というものである。こうした立場は、物質が持たないとされる性質を心が持っているという問題に直面する。それゆえ物理主義はこうした性質がどうやって物質的なものから生じるのかを説明しなければならない。こうした説明を与える行為は心の自然化(naturalization of the mental)と言われる。 心の自然化が直面する主要な問題は、クオリアや志向性を物理的に説明することである。

しかし近代・現代の科学とは、その創始者であるガリレオやデカルトによって規定されたように、人間が知覚できる個別的な現象世界全てを記述しようとするものでなく、それら現象のうち数量化、普遍化できるもののみ記述しようとするものである。つまり科学の基本的規範とは人間が知覚できる現象のうち、クオリアや志向性を捨象することによって成り立っているゆえに、科学にクオリアや志向性の説明を求めるのは筋違いという考え方もできる。

心的なものを物理的なものという異なるカテゴリーの概念で説明することの不可能性を、ソール・クリプキ固定指示子の概念で論じた。このクリプキの議論はデイヴィッド・チャーマーズなど、物理主義に反対する立場の哲学者たちの理論的支柱の一つとなっている。

大森荘蔵の洞察もクリプキと類似している。大森は物理主義、特に知覚因果説を「脳産教理」と呼んで批判し、心身問題を「重ね描き」の概念で解消しようとした。たとえば「青い」という知覚現象が生じる過程を科学用語で説明しても、そこに「青い」という感覚は描けていない(これはマリーの部屋の思考実験と同じ洞察である)。科学用語と重ねて「青い」という日常言語を描かなければ、本当に「青い」という知覚現象を描いたことにはならない。科学描写とは、日常言語で描写されたものを特有の言葉で改めて語り直すものなのである。換言すれば、われわれの体験には日常言語と科学用語という、二種類の言葉での説明方法があるということである。


  • 参考文献
大森荘蔵『知の構築とその呪縛』ちくま学芸文庫 1994年
小林道夫『科学の世界と心の哲学』中公新書 2009年
信原幸弘――編『シリーズ心の哲学Ⅰ人間篇』 勁草書房 2004年
柴田正良『ロボットの心・7つの哲学物語』講談社 2001年
廣松渉『心身問題』青土社 1988年
ティム・クレイン『心の哲学』植原亮 訳 勁草書房 2010年
ジョン・R・サール『MiND 心の哲学』山本貴光・吉川浩満 訳 朝日出版社 2006年
ジョン・R・サール『ディスカバー・マインド!』宮原勇 訳 朝日出版社 2008年
S・プリースト『心と身体の哲学』河野哲也・安藤道夫・木原弘行・真船えり・室田憲司 訳 勁草書房 1999年
  • 参考サイト