※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

申請前準備
申請をする前に申請書類の確認をしましょう
マレーシア観光省の原文はこちら
それを訳すと大体下の様になります。


新規申請

申請者は下の全ての書類を提出しなければなりません。

1) カバーレター(表紙になる手紙)
  • 申請者のバックグラウンドとMMSHPの申請動機について
  • 同行者(一人、もしくは家族)
  • マレーシア滞在中に必要な費用をどのようにまかなうのかを具体的に
  • どの金銭条件を選ぶか。定期預金か、月々の収入送金(50歳以上)

2) 用紙IM.12 (ソーシャルパス申請用紙) 2枚

3) パスポートサイズ写真 2枚

4) 保証金(申請者がスポンサーを指名した場合)

5) パスポートコピーで原本証明のあるもの、白紙含めて全ページ

6) 婚姻証明書のコピーで原本証明のあるもの (配偶者とともに申請する場合)

7) 子供の出生証明書のコピーで原本証明のあるもの (子供とともに申請する場合)

8) 過去10年間の職歴書

9) 最新の残高証明書コピーで原本証明のあるもの、もしくはマレーシア滞在中の金銭的な生活保障を証明する書類。

10) 最低3ヶ月の給与証明書/年金収入書/収入証明書等コピーで原本証明のあるもの

注意 :

1) 子供や配偶者が扶養申請として同行する場合、その者についての項目2ー3も提出すること

2) 扶養申請の場合、子供は18歳未満で未婚であること

3) 申請者で既に観光パスで入国をしており、MMSHPのパスを入手した場合は出国をしないでいい代わりに「出国扱いビザ(JP)」をRM500で入手しなければならない。そのJPの手続き後にMMSHPのステッカーが貼られる。

申請前準備