※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 2006.10.26 高野

在マレーシア日本大使館領事の話では、統計的な犯罪発生率は日本の10.8倍になっているそうですので、日本より相当多いと考えて自衛する必要があります。領事からはマレーシアにおいて外国人である日本人はお金持ちと見られ、犯罪者のターゲットになりやすいので気を付けるように言われております。
 それでもわたしは他の東南アジアの国と比較できないほど安全な国という印象を持っております。何故ならばマレーシアは経済成長が続いており、多くの国民は今日より明日、今年より来年はもっと暮らしが良くなると実感しているものと感じられます。失われた10年を経験するまでの日本も人々は未来に期待が持てましたから安全な国であったわけですが、マレーシア は高度成長期の真っ只中にいますので、当分安全な国という評価ができると考えております。