※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 出版社によせられた図書アンケートのコメントが送られてきました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(出版社より)
なんの謝礼やプレゼントもないのに読者から送付されたものです。
よかったら、ホームページやニュースレターでご紹介ください。
やはり実際に住んでいて、しかもマレーシアを愛する著者がお書きになった本は、
説得力が違うのだと思います。

ご褒美人生マレーシア
読者アンケートより
2006年4月24日現在

●通勤電車で読もうとしたが、家で読み出したら一気に読んでしまいました。私も今から貯金や語学などの準備をして、将来はマレーシアへ移住できるようにしたいです。
移住に関するメリット、デメリット、心構えなど非常にためになりました。36才会社員 男性

● マレーシアのロングステイに関する参考書の中で一番。ペナンを希望していましたがクアラルンプールに変えようかと悩んでしましました。阪本さんの人間味が魅力的です。63才 会社役員 男性

● 第二の人生をマレーシアでと思い、不安解消のひとつとして参考になった。61才男性

● マレーシアロングステイに関する出版物でもっとも参考になった一冊。71才男性

● 移住関係の本をよく読んでいます。たいへん参考になりました。55才 会社員男性

  • 2006.9.28 阪本恭彦

オールアバウトが書店とタイアップで厳選100冊を推薦する秋のブックフェアをやるそうですが、何と!私の「ご褒美人生マレーシア」(イカロス出版)が選ばれたそうです。有名な旅行作家千葉千枝子さんが推薦してくださったと言う事が更に喜びを倍加しています。万歳!
本を書くのは初めてだったのですが、面白い未知の世界を見せてもらいました。こんな大きな舞台もあれば、この本を買って矢も盾もたまらずKLに訪ねてきてくださる一人ぼっちのご婦人と説明会やイタリアンの会でお会いする、小さいけどほのぼのする場面もあります。
なにか本が生き物のように一人で走り回って新しい出逢いや思いがけない場面を創りだしてくれているような気がします。
時間があればまた書きたいな~。