※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芸術家志望の男。ありとあらゆる創作を芸術と称し、様々な分野で作品を作るがそのどれもが中途半端。努力を嫌い、才能を信じて生きてきたが、それにも限界を感じはじめた彼は、自らの命を絶つことを考え始める。



 備考

 ・死への恐怖と死への憧れが彼の肉体に特殊な作用を及ぼした。

 ・彼を生かそうとする自我と、彼を殺そうとする自我。

 ・殺そうとする自我は、彼の未練を断つために様々な破壊活動をする。

 ・恋人・家族・他者。