※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

物語の主人公。
ある商家の三男坊。
夢を求めて生家を飛び出した。
竜を殺し英雄になって、いつか自分を見下したすべての人間を見返してやろうと思っている。

武器は剣だが、あっというまに挫折。後世に名を残すためにどうかと考えたとき、詩人になる決意をする。

お話は大体この人物の視点を中心に進められていく。

最初は彼自身が動くが、周囲に自分の居場所がないことを悟り、徐々に傍観者となり、竜に挑む人々を描写するためのコマとして動くようになる。

人間らしい恐怖や葛藤をもち、読者のもっとも感情移入しやすいキャラとして描く。

『そうだ、僕はこの世界の終わりを語る物語を描けばいい』

『これが僕の存在意義だ。そして僕の物語はいつか……』