※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 それは百年に一度だけ人のもとに戻るという。
 あらゆる生物の始まりと終わりを司る、神にも等しき存在。
 人はこれを殺し、自らが神になることを夢見る。


 舞台

 神聖エマニュクス帝国


 竜の現れる場所。

 大賢者による預言。

 かつてないカタストロフの予感。

 これは竜を殺そうとする人間達の愛と笑いと涙と滅びの物語。