Xファイルの扱い方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Xファイルのデータは「メッシュ」で管理されている
Xファイルからメッシュデータを読み込んでDirectXでの3D表示をするわけだ

メッシュの中身については
  • 当たり前だが頂点データ
  • ライトへの応答(質感)
  • テクスチャー
  • マテリアル数

などが利用可能

ファイル内でメッシュを分けるケース
  • 質感が違うものを1ファイルで扱いたい場合
  • アニメーションさせたい場合

使われる構造体など
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。