※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シオンタウン、ポケモンタワー
のび太達3人はポケモンタワーに着いていた
ジャイアン「やっと着いたぜ、ぐふふふ」
スネオ「じゃあフジ老人を探しますか」
のび太「ええ!イキナリ行くの!?此処には幹部が居るんでしょ?」
ジャイアン「大丈夫だっての、負けない自信はあるぜ!」
怯えるのび太と対照的に2人は自信満々で上の階を目指した

2階
ジャイアン「此処は俺が幹部に初めて会った場所だ、今も居るかもしれないぞ」
3人はゴクリと唾を飲み辺りを見回した
スネオ「とりあえず・・誰も居ないね」
のび太「今日はタワーに居ないのかな?」
ジャイアン「いや、多分何処かに居るのは間違いない、油断するなよ」
スネオ「会わないのが一番良いからね、さっさとポケモンの笛を持つフジ老人を探さないと」
警戒をしながら3人は3階へと進んだ
のび太「良かった~、此処も誰も居ない」
ジャイアン「そうでもないらしい、人の気配がする・・」
スネオ「まさか、幹部!?」
すると3人の前に人影が現れた



ジャイアン「誰だ!顔を見せろ!」
近寄って見るとその人はきとうしだった
スネオ「ジャイアン、この人は祈祷師だよ、多分幽霊の件があるからそのために居るんだよ」
ジャイアン「何だ、じゃあ敵じゃないな、お勤めご苦労さん!」
そう言って祈祷師の肩に手を置くと祈祷師は恐ろしい顔をしジャイアンに襲い掛かった
ジャイアン「な、何すんだよ!」
祈祷師「ククク・・・ガーーーーッ!」
ジャイアン「こいつ何だ!基地外か?」
スネオ「まさかこの人・・・」
スネオはシルフスコープを取り出し祈祷師を見てみた
スネオ「やっぱり!この祈祷師の周りにゴースが居る、そいつが操ってるんだ!」
ジャイアン「そうか、じゃあそのゴースを倒せば良いんだな・・ようし!」
スネオ「僕も手伝うよ」
ジャイアン「いや、助けは要らないぜ、俺一人で十分だ」
のび太「無茶だよ!きっとそのゴースは幹部のポケモンだよ!」
ジャイアン「幹部が何だ!もう幹部なんて怖くないぜ・・スネオ!敵の位置を頼む!」
スネオ「OK!」
ジャイアン「さあ出番だ!リザードン!」
のび太「リザードが進化を!?」
ジャイアンの自信の訳はこれだった



ジャイアン「進化した力を見せてやれ!火炎放射だ!」
炎はゴースを一瞬で吹き飛ばし、祈祷師は倒れた
ジャイアン「へ、どんなもんだい!これで幹部も全然・・・何!」
のび太「祈祷師が沢山居るよ!」
いつの間にか3人の周りには祈祷師が溢れていた
スネオ「50人は居るね・・・皆ゴースに操られてるんだ」
ジャイアン「糞!これぐらい何だ!火炎放射!」
火炎放射で多数のゴースを倒した
ジャイアン「今だ!行くぞ!」
3人は祈祷師達から逃げ上の階に駆け上がった

4階
スネオ「これは!」
4階は見わたす限りに祈祷師が居た
のび太「ど、どうすんの?」
ジャイアン「後ろには戻れないんだ!前に進むだけだろ、此処も突破するぜ!」
そう叫ぶとリザードンの火炎放射でゴース達を焼きだした
ジャイアン「倒しながら進むぞ、敵の攻撃には気をつけろ」
2人「う、うん」
2人はむしろリザードンの炎に気をつけた
見ればリザードンの火炎放射の巻き添えを食らい、火達磨になる祈祷師が2、3人居た
何の関係もない祈祷師達が火達磨になっていくの見ると非常に罪悪感が湧いた
だが本人ジャイアンは、見向きもしない、とゆうより気付いていなかった



3人は順調に階を上がって行くが敵の数もまた増えていた
ジャイアン「くっ!数が多すぎる、防ぎ切れないぞ」
スネオ「仕方ない、一旦身を隠そう、隠れられる場所はいくらでもあるよ」
のび太「こんな数の敵の中でどうやって隠れるのさ!?」
スネオ「こうするんだよ!ロコン、あやしいひかり!」
祈祷師達は怪しい光を食らい混乱した
スネオ「今だ!隠れるぞ!」
3人は近くの墓に隠れた
スネオ「此処で敵が減るのを待とう」
そう言って1時間が過ぎた、一向に敵は減らない・・逆に増えてきだした
ジャイアン「どうする!このまま隠れてたら見つかるぞ!」
スネオ「見て、あそこの道は敵が少ない・・・あそこを突破するんだ」
ジャイアン「それで行こう!リザードン!」
火炎放射で敵を蹴散らし上の階へ進んだ



ジャイアン「こんどはその道だ!火炎放射!」
ジャイアンは祈祷師の少ない道を突き進み、上を目指していた
のび太「もう少しで最上階だよ」
ジャイアン「多分最上階に居るんだ!これだけ暴れて出てこないからな」
その時スネオは考え事をするかのようにうつむいていた
のび太「どうしたのスネオ?」
スネオ「おかしい・・さっきから上手く行き過ぎてる」
のび太「何が?」
スネオ「何故これだけの大人数で一つの道には人数が少ないんだ?おかしい」
ジャイアン「そういえば敵も攻撃を仕掛けてこないな」
スネオ「まあ此処で考えても仕方ない、今は進むしかないんだからね!」
3人が道を突き進んでると前に最上階への階段が見えた
のび太「階段だ!」
ジャイアン「最上階に追い込まれたら逃げ道がないぞ!」
スネオ「これで足止めする、イシツブテ!岩雪崩!」
岩雪崩は階段を崩し道を塞いだ
スネオ「これで追ってこれないぞ!」



ポケモンタワー最上階
幹部「ふふふ・・侵入者が居るようだ、まあ関係ないがね」
コツコツと歩きだし、奥の間へと向かい喋りだした
幹部「貴方を助けようという輩が来ているようだですよ、フジ老人」
奥の間には傷だらけのフジ老人がいた
フジ「く・・・ワシを・・どうするつもりだ」
幹部「別に危害を加えるつもりはない、私の質問に答えれば解放すると言ってるでしょう」
フジ「さっきの質問には・・答えられない、貴様はあいつを使って悪さをするつもりだろう・・」
幹部「何をしようと我が組織の勝手だ、さあ答えるんだ・・最後にあいつに会ってるのは貴方しか居ないのだからな」
フジ「断固断る!ワシはあいつの恐ろしさを知っている・・・あれは怒らせてはいけないんだ」
幹部「言わないならまた痛めつけてほしいようだな!ゴースト!ナイトヘッド!」
フジ「ぐわーーーー!」
幹部「言えば解放すると言ってるだろう、頑固なジジイめ・・・む!」
ゴースト目掛け火炎放射が飛んできた
幹部「ふん・・貴様等か」
ジャイアン「フジ老人を助けに来たぜ!」
3人は遂に最上階、フジの元へ着いていた




幹部「すみませんねフジ老人、新しい客の相手をするので待っていてください」
そう言うと3人に向かい歩き出した
幹部「何のようだ?我が部下になりたいなら残念だがもう駒は足りてるんだ、お帰り願おう」
ジャイアン「俺はフジ老人に用があるんだ、てめえには用はないぜ」
幹部「ふんそんなに死にたいか・・なら相手をしよう!」
ジャイアン「お前等、行くぜ!」
2人「うん!」
幹部「行け、イワーク」
ジャイアン「リザードン!行け!」
幹部「進化させたのか、まあその程度で私との差は縮まらないがな」
ジャイアン「うるせー!食らえ!火炎放射!」
幹部「全く効かん、岩雪崩だ!」
ジャイアン「リ、リザードン!」
幹部「進化さたことで弱点が増えたな、はははは」
スネオ「加勢するぞ!ロコン、電光石火!」
のび太「マンキー、からてチョップ!」
幹部「貴様等の相手はこいつだ、ブーバー!」
のび太「マンキー、構わず攻撃だ!」
幹部「無駄だ、大文字!」
マンキーは一発で倒された
のび太「つ、強い・・」



ジャイアン「糞!リザードン、切り裂くだ!」
幹部「イワーク、締め付ける」
イワークはリザードンを締め付け身動きを取れないようにした
幹部「これで攻撃できまい」
ジャイアン「何言ってやがる、攻撃の的が近くなったんだぜ!」
幹部「何!しまった・・」
ジャイアン「もう遅い!切り裂くだ!」
切り裂くはイワークの岩の体に亀裂をいれさせた
幹部「この改造イワークの体に傷をつけてみせるとはな・・」
ジャイアン「これで弱点が出来たぜ!こんどはその亀裂を狙って攻撃すれば良い」
幹部「無理だな、唯一イワークに対応できるリザードンは今の攻防で疲れきっている、他のポケモンではイワークに勝てん」
ジャイアン「絶対勝てる、苦肉の策は成功したんだ・・・」



現在の状況
のび太   ギャラドス(レベル29)、ピカチュウ(レベル27) 、マンキー(レベル24)、スリープ(レベル22)
ドラえもん 行方不明
ジャイアン リザードン(レベル36)、ウツドン(レベル27)、ワンリキー(レベル23)
スネオ   カメール(レベル34)、イシツブテ(レベル24)、ロコン(レベル21)
しずか   フシギバナ(レベル43)、プリン(レベル36)、ピッピ(レベル36)
出来杉   サンダース(レベル34)、バタフリー(レベル29)、フーディン(レベル28)