※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話


「のび太君、外で遊びなよ」
最近、ジャイアンののび太に対する暴力が過激になってきている。
一年前までは異次元で共に戦った仲なのにその友情は完全に崩壊していた。
唯一の友達であるしずちゃんは出来杉と恋仲になり、のび太とは疎遠になっているため
完全に孤独になっていた。当然、外にでても遊ぶ相手なんているわけがない。
のび太はいつもドラえもんの言うこの言葉が耳障りで無視していた。
ある日、ドラえもんはのび太がくいつきそうな話題を出してみた。
「ポケモンの世界に行ってみない?」
ドラえもん言ってることを妖しく感じたのび太だったが、
のび太はポケモンの世界ということで昔の好奇心が蘇り「行きたい!」と、そう強く言った。
「本当にいいんだね?」
ドラえもんの口元がわずかに歪んだ。
のび太は気づいていなかった。
「うん!」



「もしもBOX~!!さあのび太君、この中に入って」
のび太はボックスの中に入り目の前が真っ暗になった。
のび太の視界が開いたとき、そこはのび太の家ではなく
カントー地方へと変貌していた。
その世界を見て、久しぶりの興奮を感じているのび太の耳にドラえもんの声が聞こえた。
「のび太君、君がバトルドランティアを制覇するまで
元の世界に戻れないようにしておいたからね」
「ちょっとどういうつもりだよ!」
「最近の君は堕落しすぎているからね。そこで身体を鍛えるといいよ」
これがドラえもんの真のねらいだった。
この行為に憤りを感じながらものび太は冷静さを欠かさずに答えた。
「バトルドランティアなんて簡単さ!3ヶ月でポケモンを育てて制覇してやるよ」



のび太はオーキド博士の研究所に招かれた。
オーキド博士はドラえもんと面識があるようだ。
「君がのび太くんだね?わしはポケモンの研究をしておるオーキドという者じゃ。
 ドラえもんから話は聞いているよ。このイーブイを君にあげよう」
「ありがとうございます!がんばろうなイーブイ!」
イーブイは主人が間抜けそうな顔をしていて少し不機嫌になった。
それを察知したのび太はイーブイ以上に不機嫌になった。
その一匹と一人を見てオーキドは笑いながら
「ポケモンと仲良くなることがトレーナーの最初の仕事じゃよ」
とアドバイスしが、案の定のび太は聞いていなかった。


のび太の現在の状況
イーブイ♀ Lv5



のび太が研究所を後にしようとしたとき、扉が突然開き
少年がづかづかと入りはじめた。
「おい!じーさんよぉ、俺もう14だぜ。そろそろポケモンくれよ」
「おお、グリーンか!久しぶりじゃの。その三匹から選びなさい」
グリーンと呼ばれた少年はヒトカゲの入っているボールを鷲掴みしてポケットに入れた
「そういえばファイア君とリーフちゃんはどうした?一緒に旅をするのでは
 なかったのか?」
「あいつらがトロいからフライイングさせてもらったぜ。ところでそいつは
 誰なんだ?」
グリーンはのび太に指を差した。
オーキドがのび太の説明をした後、グリーンは口元を歪めて言った。
「おい、そこの間抜けそうなメガネよぉバトルしないか?」



プライドの高いのび太は簡単に挑発に乗った。
「ふん、調子にのるなよ!いけイーブイ!敵をギタンギタンにしてやれ!」
初めてのバトルにのび太は高揚してジャイアンみたいになった。
一方、グリーンはさっき入手したヒトカゲを繰り出す。

のび太は図鑑でイーブイが今使えるわざを調べた、しかし攻撃系のわざが
ないようだ。どうみても敗北です、ありg(ryな状態である。
当然、素人ののび太にこの状況を打破する策は思いつかず頭を抱えた。
イーブイはそんな主人をみながら呆れながらも自分の非力さに苛立ちを覚えた。
グリーンは二人をあざ笑いながら、ヒトカゲに攻撃の指示を出した。
イーブイの皮膚にヒトカゲの爪が食い込み、悲痛なイーブイの鳴き声が研究所
に木霊した。
「ク・・・もどれ、イーブイ」
元々、優しい性格であるのび太はこの選択を選ぶのに躊躇はなかった。
グリーンの嫌味な嘲笑いはとまらない。



「へへ、初めてのバトルだったが余裕で勝てたぜ。こりゃぁバトルドランティアも余裕で
 制覇できるぜ。じゃあな爺さん」
グリーンは初勝利の快感をかみしめながら研究所を後にした。
「のび太君、大丈夫かね?」
「悔しいです。イーブイになにもしてやれなくて・・・」
のび太は自分のトレーナーとしての責任のなさにただただ絶望するばかりであった。
「君はトレーナーを始めたばかりなんだ。最初に言ったがトレーナーの最初の仕事は
 ポケモンと仲良くなることじゃ。そして、辛い事をポケモンと乗り越える。
 それが真のトレーナーなんじゃ。バトルに勝つことがすべてではない。」
このオーキドの言葉を背に受け、のび太は重い足取りで旅へ出た。