※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

のび太はご機嫌の様子でトキワの森を出たしかし二ビに入ろうとした瞬間悪夢が起こった
のび太「ジャ、ジャイアン!」
ジャイアン「ん?のび太か、ちょうど良い」
いつもの恐怖が脳をよぎりとっさに逃げ出したのび太
ジャイアン「待て、何処に行く!」
あっさり捕まってしまった
ジャイアン「まあ待てよ、そんなに急ぐことはないだろ?俺と勝負でもしようぜ」
のび太(このゴリラ僕がコイキングしか持ってないと知っててこんな事を・・・)
のび太「い、良いよ、今トキワの森抜けたばっかりだし」
ジャイアン「テメー!俺様の言う事が聞けないのか!」
のび太「だ、だって・・」
ジャイアン「問答無用!ヒトカゲ、ひのこ!」
のび太「うわー!何すんだよ!」
ジャイアン「早くしないとお前を火達磨にするぞ!」
のび太「しかたない・・行けピカチュウ!」
ジャイアン「何!お前ピカチュウなんて捕まえたのか?」
のび太「ま、まあね(偶然だけど)」
ジャイアン「面白くない!ヒトカゲ!のび太のポケモンを皆殺しにしろ!」
ピカチュウは一撃で倒されてしまった
のび太「そんな!」
ジャイアン「がははは!さあ次を出せ!あと一匹倒せば進化だ!」
のび太「ええーいどうにでもなれ、コイキング!」
ボールから出て1秒で焼き魚に進化したコイキングだった
ジャイアン「いよいよ進化だ!」
おめでとう、ヒトカゲはリザードにしんかした
ジャイアン「やり~、じゃあ俺もう行くから」
のび太は目の前が真っ暗になった



ジャイアン「へへへ、これでタケシに勝てるそしてその後はスネオを殺してやる!」
しずか「あら?タケシさん」
ジャイアン「しずかちゃん、久しぶりだな」
しずか「これからジムに行くんでしょ?私もこれからなの」
ジャイアン「その前に俺と勝負しない?ね?しようよ」
しずか「良いわよ、ポケモンがひんしになっても良いなら」
ジャイアン(このメスブタが!)「おお、じゃあやろう」
バトルが始まった



ジャイアン「タイプはこっち有利だぜ!リザード、ひのこ!」
しずか「む、やはりダメージが大きいわね、でも私は一回攻撃するチャンスがあれば十分」
しずか「フシギソウ、つるのムチ」
なんと一発でリザードを倒してしまった
ジャイアン「馬、馬鹿な!」
しずか「気すんだ?私は最初に行ってるわよ」
去っていくしずか、いったいどれほど育てればあそこまで強くなるのか?
恐怖すら感じたジャイアンだった



現在の状況
のび太   コイキング(レベル5)、ピカチュウ(レベル3)
ドラえもん コラッタ(レベル7)
ジャイアン リザード(レベル16)
スネオ   ゼニガメ(レベル11)
しずか   フシギソウ(レベル20)
出来杉   イーブイ(レベル12)、バタフリー(レベル11)