※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


僕の視界から……唯さんは消えていた。

いや、見えなかった、というべきか。

《……ちょこまかと邪魔をしてくれますねぇ。
  ……よくも、また計画を狂わせてくれますねぇ……

                        この眼鏡め……》

僕は……あの時、とっさにボールを手に取り、投げた……
そして、ドータクンが弓をうけてくれたんだ。

《まぁいいでしょう……こんなことでいちいち怒り狂っていては、私も身が持ちません。
  今回は特別に見逃して帰りましょう。》

助かった、か……

《とでもいうと思いましたか?

 さぁ、カイリキーよ、あの眼鏡のボールをすべて奪うのです》



ゲマの指示で、カイリキーがすぐにこちらに向かってきて、
僕を押し倒した。

四本の手で僕の両手両足を押さえつける。
腕がみしみしいってきた。痛い。痛い。

泣きそうになった、でも僕はあきらめない。
痛さをこらえ、僕はドータクンに命令した。
「ドー……タクン、サイコ……キネシス……」

分かっている。 この状況でサイコキネシスを出したら僕も巻き添えになることを。
でも、もう味わいたくなかった。 人が目の前で消える……あの悲しみ、絶望を。



ドータクンは困惑の表情を浮かべながら、サイコキネシスを放った。
案の定僕は吹っ飛ばされる。 でも、カイリキーは大ダメージを受けたことにより、手が完全に僕から離れた。

攻撃するなら……今だ。


《ほう、カイリキーの拘束から逃れましたか……仕方がないですねぇ、ここまではしたくなかったのですが……》
ゲマはリモコンスイッチをマントの中から取り出したと思うと、それを押した。

 ウイイイイイイインウイイイイイイン

機械の音が聞こえる……この小屋全体から。
さっきもカイリキーもこの仕掛けで出たのだろう。
しかし、狙いは唯さん。 唯さんを守れば……僕の、いや、僕らの勝ちだ。

《さぁ、お行きなさい……我が精鋭たちよ》

……これは! 一体どういうことだ!

僕の周りには、数十体とも思われるポケモン……しかも、俗に言う厨ポケ、だ。
それらが群がっていた。
……やばい。こっちは六匹、しかも、シナリオ進行中のポケモン。

勝ち目はないが……それでも!僕はやるしかないんだ!

さぁ、総力戦だ、僕のポケモンたち!
この窮地……絶対に乗り切って見せる!



この状況……圧倒的に僕が不利となると、相手の弱点を見つけるしかない。
しかし、あのゲマ……よほどのことではない限り、弱点は見せないだろう。


考えるんだ、考えるんだ。
奴の今までの行動すべてを。
今の僕は……やるしかない。


……
………
……

(そういえば、奴は幻影なのにどうやって話しているんだ……?)

分かったぞ……奴の弱点。
それも、致命的な。

後は、そこをどうやって狙うかだな。
この状況で。

奴の弱点は指令を出している……スピーカーのようなもの。
それを壊せば、奴らは指令者を失った操り人形。
どうやって幻影を出しているのかは気になるが、おそらくそれから出しているだろう……
そう考えると、スピーカーの位置を割り出し、正確に割り出さなくてはならない。

どうやるべきか……



《キッサキシティ 船乗り場》

……あれ?何で僕はこんなところにいるんだ?
えーっと、確か、僕はあの小屋で戦っていたはず……だよね。
なんで?

『そこの……』
 「ん?」
『そこの眼鏡……』
 「空耳か?」
『空耳などではないっ!』
 「うわわわっ!何これ」
『私は神だ、この世界においてのな
  声だけの出演じゃ』

神の声『のび太よ、そなたは戦いに敗れ、不本意ながらここにきたのだ』
「神の声?うさんくさいなぁ」

神の声『消すぞ』

★その瞬間、のび太は画面越しに送られるさっきを感じ取った
 「すいませんでした。」
神の声『うむ、苦しゅうない』
 (怖っ……)



 「ところで、僕ついさっきまで
   小屋にいたはずなんですけど、一体どうしてこんなところにいるんですか。」
神の声『……そなた、ディレクターズ・カット という言葉を知っておるか?』
 …?いえ、知りません
神の声『製作者の都合によるカット…… つまり、一部における記憶の消去、というやつだ』
 ???
神の声『まあ、そこは気にするな』
 は、はあ……

神の声『そうそう、お主の荷物の中に、お札が入っているはずだ』
 「おさつ?」
神の声『違う違う、おふだ、だ』

★のび太、リュックの中をあさる。

 「ああ、ありました。」
神の声『そのお札、データ上ではのろいのおふだ としか入っておらぬが、
     おぬしが守っていた、あの女の魂が入っておる。
      大切にあつかえ』
……
 「そうですか……
   分かりました。大切に扱います」
★のび太、立ち去る。



神の声『フォっフォっフォ、これからどうなるか楽しみじゃのう』
 「あ、すいません」
★のび太、戻ってくる
神の声『なんだ、またおまえか』
 「ここ、どこですか?」
神の声『…キッサキシティじゃ』
 「ありがとうございましたー」
★のび太、また立ち去る

神の声『……これからどうなるか不安だのう』

  • 補足:のび太の台詞の前はスペースを入れてます。
   ややこしいので



《キッサキシティ 船着場の近く》

さて、神様との話もついたわけだけど……
 「さむっ!」
なんてこった……小屋の周りの寒さなんて序の口だったか……
かばんの中に何かないかな……
★のび太、かばんをあさる
 「あれ?なんでこんなのが?」
かばんの中になぜか ※《テキオー灯》 があった。

※テキオー灯
どんな環境でも、これの光をあびると減っちゃらになる、というすごい道具。
海底でも宇宙でも呼吸ができるようになり、ご都合主義が楽になるぞ。
時間制限あり。

おそらくドラえもんがこういうときのために入れたんだろう。
これで寒さもへっちゃらだ!


……あれ?これって波乗り必要なくなるよな。



《キッサキシティ 中央広場》

テキオー灯のおかげで、寒さもへっちゃらになった僕は、
とりあえず雪遊びをしていた。
 「こんなに雪があっていいなぁ~。僕の家の周りじゃちっとも降らないもんなぁ」
★のび太、とりあえず雪に埋もれる
あ~。雪って結構気持ちいいなぁ(冷たくなければ)。
★のび太、眠る。

「おーい!子供が倒れてるぞー!」
「な、なんだってー!」
「まだ心臓は動いてるし呼吸もある!急いで運べー!」

……?
なにこの夢。かなりリアル。
もしかして現実で同じことが起こってたりして。
なんちゃってー。

★のび太、起きる
 「あれ?どこここ」
さっきまで雪の上にいたのに、なぜか今はベッドの上に寝ている。
もしかして、今までの冒険は夢落ち?
「あれあれ?君、もう起きたの?」
僕の目の前に女の子が現れた。
胸でかい。
「君、何をどうやったら雪の上で寝てて何もないの?」
……さて、一体どうやって説明すればいいのやら。