※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


コガネシティに到着した。
「な、なんて大きい町…」
見ただけでビルが何百とある。
とりあえずどれかに入ってみよう。


「ようこそ自転車屋、ミラクルサイクルへ。
自転車いかが?」
値段によるだろうね。
「今ならたったの100万円ポッキリ!」
…………
「…………」
…………
「……い、今ならたったの10万円ポッキリ!」
…………
「……駄目?」
…………
「…………い、今ならたったの3万円!安いよ安いよ!」
…………

店を出た。
「何で自転車買わなかっただーよ」
そこの奥さん方、今なら自転車3万円で売ってますよ~!
「こいつ……!」



次の建物は。
「うおーす!未来のチャンピオン」
「チョッケプルィィィ」

「俺の名前?聞きたきゃ教えてやるぜ。
体の穴かっぽじって聞け!
俺の名前は!」
「ご、ごくり……」
ご、ごくり……
「ご、ごくり……」
「教えてやんない」
貴様……


名無しさん、君に決めた!が勝負をしかけてきた!
「ゆけ!ピッピ!」
カラナクシの初陣じゃー!
「ピッピ!はたく!はたく!はたく!」
「この手が赤く腫れ上がるまではたく!」
相手ピッピの往復ビンタ。
こいつはな、カラが無いからカラナクシって言うんだ。
カラナクシ!ゆびをふる!



「チョッケプルィィィ」
カラナクシの体が光りだした!
「ピカじゃー!ピカが来るぞー!」
カラナクシのだいばくはつ!
「ぬわーーーーーーっ」




「く…くやしいのう……く…やし……ごふっ」
名無しさん、君に決めた!との勝負に勝った!
「おう、おうよく頑張りましたねー」
あとはジムリーダーだけだ。
「よく来たな小僧、Welcome!」
!!


「アタイのネームを知りたいわけ?それマジでKY。
ジムの看板100回くらい読み直した方がいいべ」
ジムリーダーのアカネが勝負をしかけてきた!



「てゆーかピッピ?それなんて冗談?
本当ならアタイだってミュウツーとか本気使うべ?これは命令なの。お分かり?」
行け!俺の魂を受け継いだポケモン、リザフリー!
「へへっ照れるぜ……」
「ピッピ、大爆発かましちまいな」
「ピ……ピッピ……」
ピッピは戸惑っている。
「ハァ?主人の言う事が聞けないとか、マジどんだけ~」
ピッピの体が光りだした!
「ピップクー!」
ピッピのだいばくはつ!




リザフリーのとくせい「しめりけ」で大爆発は使えない!
「゚д゚」
「こっちみんな」
「 ゚д゚」




アカネとの勝負に勝ったぞー!
「で?大体まだアタイのポケモン残ってるから。
ミルタンク、マジで殺してきて」
「ンモー!」
ミルタンクの転がる!リザフリーはかわした!
「甘い、甘いよ少年。果物を砂糖坪に三日浸けて作った菓子よりも甘いよ」
「ンモー!」
ミルタンクのメガトンパンチ!リザフリーにはこうかがないみたいだ……
「無駄、無駄」
「グモー!」
ミルタンクのメガトンキック!リザフリーにはこうかがないみたいだ……
「ハハハハハハ、ユカイユカイネ」
「ブモー!」
ミルタンクのメロメロ!
「ドッキューーン……」
ときめいてんじゃねーよ



「グモー!」
ミルタンクの転がる!こうかはいまひとつのようだ…
メロメロ状態の時は……交代だ!
「チョッケプルィィィ」
カラナクシのゆびをふる!カラナクシの体が光り始めた!
「ま、ま、まままさかこれは……」
「ピカじゃー!ピカがくるぞー!」
「私が死んでも代わりはいるもの」
カラナクシの大爆発!ミルタンクは消滅した!


ジムリーダーのアカネとの勝負に勝った!
のび太はジムを後にした。


「さて、次の町に行こう」
「君、ちょっとおつかい頼んでいいかな?」
よかろう、これもまた一興よ。
おしょうが仲間になった!



只今の状況

のび太
ジムバッチ:3つ
仲間:リザフリーLv81.カラナクシLv11.おしょうLv8


―ミラクルサイクルにて―

「ママチャリ一つ!」
「はい、はい。100万円に……」
「はい3万円。いい買い物したわ~
他の奥さんにも教えてやらないとね(はぁと」
「ちょ、お、奥さん?」


「うぁぁぁぁい!ここの自転車、たったの3万円よぉぉぉぉ!!」
「わーわー」
「ざわ…ざわ……」
「いまならぁぁぁぁぁ!もう一つついてくるわよぉぉぉぉぉ!」

その後、ミラクルサイクルは廃店となった。


「物買うってレベルじゃねーぞ!」



のび太達の次に入った場所は、マサキの家だった。
「やあ君。マサキなら今いないよ」
イーブイくれよ。
「イーブイはマサキが持ってるんだ。マサキはエンジュシティにいるよ」
ならおしょうで飛ぼう。

おしょう、飛べ!
「無理無理、俺まだオニスズメ……」
「ファイト!」
「チョッケプルィィィ」
おしょうは飛んだ!


バッサバッサ
「重い!落ちる!堕ちる!」
頑張れおしょう!


「足千切れる!足が千切れる!」
頑張れおしょう!


「……もう……だ……」
頑張れおしょ……うぁぁぁ!
ブチブチィ!
のび太達は堕ちた!



気付いたら、そこにはおしょうの足。そして、オレンジ色の羽が落ちていた。