※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


No.010『カメレオン執事には色のセンスが無くて~Pivot~』

人間には人それぞれ、能力の差がある。運動神経、成績、ルックス、感性、頭の回転等。
そして、自分には良く基準がわからないが、平均的な他者の能力より大きく優れた能力を持つ者を『優秀な人間』と呼ぶらしい。

――――――

問題が発表されてから20秒、青と赤のエリアの境界線で何やらウロウロしている少年がいた。
彼の名はズル木――自称『優秀な人間』である。
しかし、今の彼は脂汗をダラダラ流し、目も血走っていて、お世辞にも『優秀な人間』とは呼びにくい姿を晒け出している。
「キィィィィッ!分からない……分からないィィィッ!」
ズル木は叫ぶ。何故に優秀な彼が、そんな姿を晒け出しているのか?本当に問題の答が分からないのだろうか、いや、そうではない。
彼はちゃんと、ブースターはフレアドライブを覚えない事を知っていた。
しかし……しかしだ。
彼の周りの人々はズル木の意思に反して赤のエリアへと歩みを進めている。
このことが彼の混乱の原因である。
最初は「プフフッwこんな事も分かんないのバカスwww」と笑っていたが、次々に移動する人々を見て彼の心は揺らぎ始める。そして彼の心の中に一つの疑念が生まれた。
自分が間違っているのではないか、と。



確かにそうかも知れない。
人が沢山の赤のエリアに比べて自分が正しいと信じる青エリアには人がポツポツとしか居ない。
やはり本当に自分が間違っているのだろうか。
周りから声がする。

「やっぱりさ……ブースターはフレアドライブを覚えるのかなぁ」「多分な」「は?覚えるに決まってんじゃん」「っていうか人が居る方が正しいんだし」「赤ブーン⊂(^ω^)⊃」

色々な声がズル木の精神を揺さぶる。
「愚民共が……勝手に言っとけカス。
しかし……」
ズル木の心は確実に揺らいでいた。

――――――
一方、モニタールーム。
モニターに移った恐らくサクラであろう人物の会話を眺めながら、ゴロウが訊く。
「ツツジさん、あれもツツジさんの仕業ですか?」
「ええ、そうよ。
ちょっとサクラの方々に頼んでやって貰ってるのよ」
ツツジは悪びれた様子も無く即答する。
その顔からは笑みが伺えた。
ツツジは続ける。
「でもね、この作戦の最も恐ろしい点はここからよ。
ゴロウさん、ちょっとあそこを見てみて」
ツツジが指を差したモニターは、数人の男達が何やら話をしている光景を映し出している。



「あの人達がどうかしたんですか?」
ゴロウが聞く。
連中の様子見る限り、なんともまぁサクラ臭い会話を繰り広げている。現に、そいつらの様子を見て他の受験者も動揺しているので、多分そうなのだろうが。
しかし、ゴロウのそんな考えは次の瞬間打ち消される事になる。
ツツジは言った。
「いいえ、あれはサクラじゃないわ。
あれは正真正銘、ただの受験者よ」
「えっ?」
意外な発言に戸惑うゴロウ。
てっきり、あれはサクラと思っていた。いや、現にサクラっぽい行動をしているから確信していた。
そして、ツツジはゴロウの様子を見て含み笑いを浮かべる。
「ふふふ。驚いた?
実はこの試験の大きな肝はここなのよ。
サクラに動揺を誘われた受験者が、更に他の受験者の動揺を誘う。そして、その受験者が更に更に他の受験者を……
そして、受験者はどんどん長い物に巻かれてゆくのよ……」

なんて女だ。

ゴロウはそう思った。
そして彼は言う。
「最早……クイズじゃない気が……」
どちらかと言えば、独り言に近い言葉のトーンだったが、ツツジは聞き漏らさなかった。



「そうね、これは確かにただのクイズじゃないわ。
どちらかと言えば心理的圧力をかけている分、よく企業がやる圧力面接に近いかもしれないわね。
でもね、可哀想だけどトレーナーに心の弱い人は必要ないのよ。
頭が弱い人もね」
そう言って、彼女は冷酷な笑いを浮かべた。

ゴロウは思った。
『この試験が終わったら俺、この人の元から離れるんだ。』




ゴロウは死亡フラグを立てた。



―――――
そして話は再びズル木小年へ

「おーい、こっちだ」「ブースターはフレアドライブを覚えるよな」「ああ覚える覚える。「アアアアア赤キタ――――(・∀・)―――」「あれ、あの人まだ境界線にいるよw」

うるさい。うるさい。うるさい。うるさい。

ズル木の耳に容赦無く響くサクラ達(多少釣られた受験者も混じっていたが)の声。
地味だが、着々とズル木の自信を削ってゆく。
いや、削られているのは自信だけではない。
彼の、自分は『優秀な人間』であるという自尊心も削っているのである。
『くぃィィィッ!
ボクが……このボクが間違っているというのか……認めない……認めない………ミトメナーイ!』
治まらぬズル木の葛藤。彼の中で何かと何かが戦っている。
『ボク……はマ違っテイナイ……
ゼッタイニ……』
半狂乱状態のズル木は青いエリアに踏み込もうとする。
しかし、
「うわー、何あの人。青行ってるよ」「可哀想にここで落ちるんだな」「うはwwwwアイツテラバカスwww」
様々な声がズル木の心を揺るがしてくる。
彼の思考回路はまさにショート寸前。



「赤なのにねー」

うるさいうるさいうるさいうるさい。

ズル木の思考はショートして、

「彼はここで終わるのか、気の毒に」

うるさいうるさいうるさいうるさい。

ズル木の思考はループして、

「馬鹿だなぁ、長い物に巻かれろって言葉知らないのかなw」

うるさいうるさいうるさいうるさい。

彼の心は打ち砕かれ、

「あれ何ー?」「指差しちゃだめよ!」

うるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさぁぁぁーいッ!

そしてズル木は一歩を踏み出した。
脱落という現実の待つ、赤のエリアに。
そして、彼の顔からは、先程の自信は嘘の様に消えていた。



No.011『イルカ』

そして、はたまた、のび太とジャイアンはというと。

「ジャイアーン!そっちは違うよぉーッ!」
「うるせえなぁー!
俺様がこっちと言ったらこっちなんだよぉーッ!」
同じく不正解へと向かっていた。
『ヤバイ……このままじゃ、このブタゴリラと一緒に不合格になるじゃないか!なんとかしないと……』
すると、焦るのび太の前に一人の見知った少年が見えた。
ズル木だ。どうやら、境界線上で迷っているようだ。

「おっ、ズル木だ」
ジャイアンも、それに気づく。

ここでのび太は考えた。
この前のネッシー議論(コミックス参照)のおかげでズル木の頭の良さ、知識の深さはのび太もジャイアンも十二分に知っている。
と、いうことはズル木が正解を知っている可能性は低くない。
ズル木が青に行けば、ジャイアンも考え直してくれるかもしれない。

のび太はそんな期待を持ちながらズル木の動向を見守る。
すると、ズル木は期待に答えるかの様に青のゾーンに一歩を踏み出そうとした。
「あれ、ズル木の奴、青に行こうとしてるぞ」
それに気づいたジャイアンは言う。



『やった!思い通り!ラッキー!』
のび太は心の中で踊る。
しかし……
「あれ……」
ズル木は何を思ったか、再び境界線に引き返してきた。
しかも、頭に手を当て、なんだか普通じゃない様子が伺える。
『何やってんだよ!ズル木の奴!
迷わず青に行けばいいのに!』
のび太がそう心の中で悪態をついた瞬間………ズル木は赤のエリアに踏み出した。
「え?何あれ、マジで?」
のび太は思いがけないその行動に、呆然とする。
そして、それを見てジャイアンは言った。
「のび太よ、ズル木も赤に行ってんじゃねぇか。
やっぱ赤でいいんだよ。早く行くぜ」
『ノォーーーーン!』
哀れ、引きずられてゆくのび太。

彼の目には、うっすら涙が浮かんでいた。
しかし、今は泣いてる場合ではない。
ズル木でなんとかならなかった以上、どうにかしてこの暴君ブタゴリラの手から逃れなければならない。
だが、かと言ってジャイアンを見捨てる事は出来ない。一応友達なのだから。
ジャイアンを救い、自分も助かる。
何かいい策は無いものか。

そのとき、
『あと10秒です』
アナウンスが鳴り響いた。よし、残り時間は少ない。



ここはなんとかして、後10秒この青ゾーンに止まらせなければならない。
しかし、
「急ぐぞ、のび太」
ジャイアンが更にのび太の手を引く。
『こうなったら……。』
のび太は覚悟を決める。
多少、殴られても、後で分かってくれるならいいだろう。
赤いゾーンまで、あと10メートル程。
一回転べば、到着は難しくなるだろう。
ごめんね、ジャイアン、仕方ないんだよ。


『死ねぇぇぇッ!』
バキッ!

日頃の恨みも含んだのび太の水面蹴りが、ジャイアンの足にヒットする。
不意を突かれたジャイアンは……
「ぷべし!」
転んだ。



そして、その瞬間、
『終了ですー』
問題の回答時間が終わった。
「良かったぁ……」
のび太はホッと胸を撫で下ろす。
のび太は地面に伏したジャイアンに言う。
「ごめんね、ジャイアン。
でも正解出来たから良かったじゃん。
ブースターは本当にフレアドライブを覚えないんだよ。
だから某大型掲示板ではネタポケとして…………え?」
のび太はそこで絶句した。
次の瞬間彼の視界に映るものは、一変していた。彼の目の前は東京ドームなどではなく、広い道路が広がっている。
呆然としたのび太は言う。
「まさか……ワープしたの?
ということは………もしかして、僕不正解?」
ということは……。

「のぉびぃ太ぁ~~………」
ジャイアンは怒り心頭の様子で指を鳴らしている。
「ヒィィィィィィッ!」そして……
「ギッタギタにしてやるぅーッ!」
「あーん」
のび太は、また泣きそうになった。



――――
のび太がジャイアンに叩きのめされている丁度その頃、モニタールームでは……。

「うーん、疲れたわ……」
椅子に座りツツジは体を伸ばす。
そこへ、
「ツツジさん、今回の一次試験の資料です。どうぞ」
アシスタントのゴロウがツツジに何やら書類を手渡す。
ツツジはそれを受け取ると、ざっと目を通した。
「一次試験突破者は、この会場で約250人か……
まぁ上出来なんじゃない?」
ツツジは呟く。
「一次試験突破者は、皆次なる試験会場にワープさせました。
すぐに二次試験は開始される模様です」
「そう、ご苦労様。」
ツツジは再び伸びをする。
そして、呟く。
「まぁ、今年は二次試験に進まなかった方が良かったのかもね。
試験官はあの人だし。」
「知ってるんですか?っていうか、そんなに酷い試験なんですか?」
「ええ、死人が出るかも。」
「まさか……そんな……」
「有り得るわよ、あの人頭悪いし。
昔あの人の特訓に付き合って再起不能になった人もいるくらいだしね」
「……………」
ゴロウは押し黙った。何て恐ろしい人がいるもんだ。
そんな奴に試験官をやらせるなよ。
ゴロウはため息をつく。



「まぁ、死亡事故があっても、それはそれで面白そうなんだけどね♪私関係無いし♪
そうだ、ツワブキさんにたっぷりお礼しなくちゃ」
「………………」
ツツジは気づいていない。ゴロウが彼女に冷たい視線を送っている事に。

そうだった、自分の師匠も同じ様な人間だった。


ああ、どっかにまともな神経持った人いないかなぁ。


ゴロウは切実にそう思った。



【一次試験突破:ジャイアン、のび太】
木鳥高夫(ズル木):リタイア



No.012『かばん』

「のび太ぁぁぁーー!ギタギタにしてやるゥゥーーッ!」
「ヒィイャアアアアーーーーッ!」
見渡す限りの広い広い道路、そこではのび太とジャイアンの生死を賭けた壮絶な追いかけっこが繰り広げられていた。

「のび太のび太のび太のび太のびのびのびのび太ぁぁぁーーッ!」

ジャイアンのその顔は、まさに鬼の形相。無理も無い、彼はのび太のせいで年に一度の試験に落ちたのだと思い込んでいるのだから。
超人的なスピードでのび太を追いかけている。

のび太の逃げ足もなかなかだったが、いささか相手が悪すぎた。
あっという間に、ライオンに捕まったガゼルの様にジャイアンに捕えられ、

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」

「ブッシュ!」

ギタギタにされてしまった。



「ハァ、ハァ、ハァ……まだ気持ちが収まらねえ……」

のび太をボロ雑巾のように痛めつけても、まだ怒りの収まらないジャイアン。
「親にも分かんねえ顔面にしてやるゥゥーーッ!」
怒りに任せてジャイアンが、気絶したのび太に止めの拳を振り上げた瞬間だった。
『ピーンポーンパーンポーン。皆さん、一次試験の突破、おめでとうございます。これから二次試験の説明を開始します』

えっ?二次試験?一次試験突破?

ジャイアンの脳裏に浮かぶ様々なクエスチョン。
しかし放送はジャイアンの脳の情報整理を待ってくれない。放送は尚も続く。

『これから試験官が、二次試験課題を発表なされますので右手に見えますゲートの前にお集まり下さい。プツン……』
放送が終わり、一分後、ジャイアンは理解した。

ああ、俺、二次試験に進んだんだな、と。


そして、彼は足元に転がる気絶したボロ雑巾に目をやる。
「………気絶させちゃったな……………どうしよ」
とりあえず、ジャイアンは『それ』を担いで、行くことにした。

(ちょっぴり、悪いことしたかな)

ジャイアンはそう思った。



―数分後―

「………ん?」
「気がついたか」
のび太が目を開けると、そこにはジャイアンの顔があった。

のび太は一瞬、また気を失いそうになったが、ジャイアンの表情をよく見ると先程の怒りモードは解けているようだ。
「のっ、のび太、俺達さ、一次試験突破だってさ……あははははは……」
ジャイアンは笑いながら言う。笑顔が限りなくぎこちない。
のび太は言う。
「じゃあ、僕は殴られなくても良かったんじゃないか!酷いよぉ……」
のび太は半ベソをかく。ジャイアンはそれをたしなめる。
「ま、まぁまぁ、二次に進めたから良かったじゃねえか……あは、あははははは……」
誤魔化そうとするジャイアンをのび太は、ちょっぴり軽蔑の目で見た後、辺りを見回し、言った。

「ところで……ここは何処?」
「さあ……何処だろな」
ジャイアンも頭を捻る。

視界にはゲートと大きな道路、それと急な坂が見えている。

(ゲート、道路、急な坂……あれ……この地形どっかで……)

のび太が記憶の糸を辿ろうとしたその瞬間、

『お前らぁぁぁぁぁぁーーッ!元気かぁぁぁぁぁぁーーッ!!!!!』

飛行機の爆音にも似たアナウンスが辺りに成り響いた。



周囲の人々は思わず耳を塞ぐ。それでも耳がピリピリする。それ程の超爆音。正直、近所迷惑になりそうだ。
耳を塞ぎながらジャイアンは呟く。
「うるせえな…あの人間騒音が……」
「ジャイアンだって……」
「なんか言ったか?」
「いや、何も」
ジャイアンに一睨みされ、のび太は慌てて誤魔化す。騒音がどれだけ他人に迷惑をかけるかをジャイアンが理解することを祈りながら。
そして、一方で尚も止まる事を知らず続く特大破壊音波。
『これからッ!二次試験をッ!開始するぞお前らぁぁぁぁぁぁーーッ!
ゲートの方を向けぇぇぇぇぇぇーーッ!』
人々は反射的にその方向をむく。
そこには、スピーカーを持った、上半身裸のちょっぴりマッチョな髭面中年男と、道着を着、栗色の髪をした18位の若い女が立っていた。
『ワシはぁぁぁーーッ!タンバジムジムリーダーでぇぇぇーーッ!二次試験官のォォォーーッ!シジマじゃああああーーッ!
よろしくなぁぁぁーーッ!』
破壊音波の音源はそう名乗った。
「シジマ……?ああ、これまた影の薄いオッサンか」
ジャイアンは誰とも無しに呟く。

こんな濃い奴だったっけ?っていうかコイツマジで試験官?

ジャイアンがそんな事を考えていると、その試験管とは到底思えない男から、二次試験の内容が発表された。
『ではぁぁぁーーッ!二次試験課題をォォォーーッ!発表するゥゥーーッ!
二次試験課題はぁぁぁーーッ!ズバリ、トライアスロンじゃああああーーッ!』



「トライアスロン!?」


どよどよと参加者の間にどよめきが広がる。しかし、
『うるさぁぁぁいッ!静まれぇぇぇーーッ!いつまでまってもッ!試験内容が発表出来んだろうがぁぁぁーーッ!』
シジマの鶴の一声で場のどよめきは収まった。
だが、
(一番うるさいのはアンタだよ)
と受験生に心の中で総ツッコミを入れられたのはいうまでもない。
そうとも知らずにシャウトし続ける髭ハゲ中年デブオヤジ。
『でわぁぁぁーーッ!課題内容を発表するゥゥーーッ!
発表するぞォォォーーッ!ンムムムムッ!なんだこの漢字はぁぁぁーーッ!読めんッ!アイコォォォーーッ!頼むゥゥーーッ!』
アイコと呼ばれた栗毛の女は、バカからスピーカーと資料を受けとると淡々と課題を発表し始めた。
『どうも、二次試験官補佐のアイコです。
これから、皆さんにはトライアスロンをして頂きます。
ちなみに、ここはカントー地方のサイクリングロードという場所です』
(あ、サイクリングロードか)
のび太の記憶の糸が繋がった。アイコは続ける。
『皆さんには、これからこの坂を登って頂きます』



「登る?この坂を?マジで?」「何キロあると思ってんだよw」「は?っていうかポケモン関係ねえし」

再び人々はざわめく。しかし、アイコは淡々と次の説明を続ける。
『先程、登って頂くと言いましたが、ただ登って頂く訳ではありません。
皆さん、お足元をご覧下さい』
皆の目線が足元に集中する。
するとどこからともなく、足元に冒険用バッグみたいな物が転送されてきた。
「なんだ?これ」
ジャイアンはそれを恐る恐る触ってみる。
コツン、コツン。何やら丸くて固い物が入っているようだ。
放送は続く。
『そのバッグの中には『折り畳み式マッハ自転車』と『ヘルメット』と『ポケモンの卵』が入っています』

「ポケモンの卵だって!」
のび太はすっとんきょうな声を上げる。

『皆さんも知っての通り、ポケモンの卵は、人間の『歩行』のエネルギーによって孵化します。個体差は有りますが、恐らくレースの中盤から終盤頃には全て孵化するでしょう。

それと、補足しますが、先程はトライアスロンと言いましたが、こちらの指定したコースを通って頂ければ進み方は自由です。
自転車で進んでも、ポケモンに乗って空を飛んでも、はたまた走るのも自由です』



「……と、言うことは必ずしも体力馬鹿が有利ってわけでもない訳か……
それにもう一つのポイントはポケモンの孵化歩数だな」
受験生の一人が誰とも無しに呟く。
進み方は自由。
これは孵化したポケモンが、飛行ポケ、もしくは人を乗せれるポケモンで、孵化歩数が少ないポケモンを引ければ、圧倒的に有利になれる事を示唆していた。
様々な思索が飛び交う中、アイコの話は続く。
『ここからゴールまでの地図も、バッグに入っています。
それと、二次試験に進出出来るのは先着50名様までです。
どんな手を使ってでもいいですから、頑張って下さい。私からは以上です』
そう言って、アイコはシジマにスピーカーを渡した。
再び繰り広げられる爆音に、皆が耳を塞いだ。
『分かったかぁぁぁーーッ!お前らぁぁぁーーッ!分かったらぁぁぁーーッ!早く自転車を出せぇぇぇーーッ!』
受験生は一斉に自転車を用意し始めた。
折り畳み式のマッハ自転車の構造は分かりやすく、三分もしない内にほぼ全ての受験生が自転車を組み立てる事が出来た。



――――

5分後、サイクリングロード坂の前には自転車に乗った人の波が出来た。みんな、スタートの時を今か今かと待っている。
『ではぁぁぁーーッ!いくぞォォォーーッ!
よォォォーーイ!ドォォオン!』

「ウオオオオォォォーーッ!!!!」

シジマの合図と共に、凄まじい砂ボコリを巻き上げながら、皆が一斉にスタートし、スタート地点には誰も居なくなった……かのように見えた。


―――――

誰も居なくなったスタート地点に佇む黄色い服を着たメガネの少年と体格の良い少年が二人。
メガネの少年は目の前の自転車を見つめながら呆然としている。
体格の良い少年は、いつまで経っても、スタートしないメガネの少年を心配に思い、訊いた。
「のび太…?なんでスタートしないんだ?
俺もいっちまうぞ?」
ジャイアンの言う言葉が終わらない内に、のび太は頭を押さえながらその場にひざまずき、叫んだ。


「僕自転車のれねぇぇぇぇぇぇーーーーッ!」


サイクリングロードに憐れなのび太の絶叫がこだました。