※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


数日後……

ドラえもん達と、彼らに協力する仲間達はサイユウのポケモンセンターに集まっていた。

「ポケモン達もレベル80オーバー、準備は万端だな!」
ジャイアンの笑い声が皆を鼓舞する。
対出木杉戦の為に育てられたポケモン達。
それを短期間でここまで育成するのにはフロンティアブレーンやダイゴの助けも
あったとはいえ、かなりの苦労を強いられた。
「ラティオスが見つけられれなかったのは誤算だったけどね」
スネ夫が悔しそうに歯噛みする。
スネ夫はポケモンの育成をヒースに任せ、すべての時間をラティオス捜索に費やしたのだ。
しかしラティオスはその目撃報告すらなかったのである。
「出木杉の手下達はサイユウから出ていないみたいだし、
奴らに捕られたとは思えないんだけど……」
これも世界の法則が変わった影響なのだろうか?
「まあまあ、今更言っても仕方ないよ」
ドラえもんがスネ夫を励ます。
ここ数日で最も大変だったのはドラえもんだった。
ドラえもんは序盤、ひみつ道具主体での戦いをしていたり、しずかやのび太のサポートを
していたために戦力が最も貧弱だったのである。
そのため、ドラえもんのポケモンはエアームドとホエルオーを残して
全部入れ替える羽目になったのだ。



「これだけ仲間がいるんだから、しずかちゃんも助けられるよね……」
捕われたしずかを心配するのはのび太。

彼も要領が悪いなりに頑張った。
ポケモンのタマゴを孵すために再びジョギングマンとなって走り続けたからだ。
おかげで皆が遺伝技を備えたポケモンを使うことができる。

「じゃあダイゴさん、後は打ち合わせ通りに」
「では、私達は先行してトレーナー達を排除する。君達も遅れないようにしてくれよ」
ダイゴがそう言い、ヒース、ウコン、ダツラを伴って四人で
チャンピオンロードへ発っていった。

それを見送ったドラえもん達四人は円陣を組む。
「僕たちの目的は三つ、まずはしずかちゃんを助けだす」
ドラえもんの言葉にのび太が決意を込めて頷いた。
「で、出木杉のヤロウをぶっ飛ばす!」
力強くジャイアンが宣言する。
「ん……あとひとつはなんだ?」
スネ夫の言葉にドラえもんが口を開く。
「ボクの四次元ポケットと、行方が分からないもしもボックスの捜索だよ」
元の世界に戻すためにはなんとしても、もしもボックスを探し出さなければならない。
最悪、もしもボックスで元の世界に戻せば出木杉は無力な小学生に戻るのだ。
「皆で元の世界に帰ろう!」
四人は一斉にそう叫んだ。



予め打ち合わせた時間になり、ドラえもん達はゆっくりと
チャンピオンロードに入っていく。
目の前の穴からひやりとした風が中から吹いてくる。
先頭はジャイアン、それに従うスネ夫。
切札のラティアスを持っているのび太は温存させるために中央、
そしてドラえもんは後方警戒だ。
しかしドラえもんが後方警戒をかって出たのにはもうひとつ理由があった。
『出木杉くんと話した感触からして、彼はもしもボックスの事を
知らないように思えた……となると』
のび太には隠蔽工作までしてもしもボックスを隠すような行動力はないだろう。
となるとジャイアンやスネ夫、そして捕らえているしずかも容疑者になりうる。
ドラえもんは後方だけでなく、ジャイアンやスネ夫をも見張るつもりだった。

チャンピオンロードの入り口をくぐると、急に暗い場所に入ったことで
全員の視界が真っ暗になったが、ほどなく目が暗闇に慣れてくる。
そこには2、3人のトレーナーが力なく腰をおろしていた。
おそらくダイゴ達に倒された出木杉の手下なのだろう。
「よし、急ぐぜ」
「まずはこっちの道……」
スネ夫の手元をペンライトで照らすと、手に持った攻略ノートには
チャンピオンロードのマップも記されている。
一行はそれに従って暗い洞窟を奥へと進んでいく。



チャンピオンロード地下2階。

ドラえもん達がチャンピオンロードに足を踏み入れた頃、予定の時間なら
出口の掃討まで完了してるはずだったが、ヒースとウコンは
ここで足止めをくらっていた。
「このトレーナー、他とは段違いの強さじゃな」
ウコンが荒い息をついている。
ウコンのウインディは敵のサーナイトによって眠らされてしまっていた。
「眠り技対策はトレーナー戦の基本だよ。フロンティアブレーンがだらしないなぁ」
サーナイトの主人である少年トレーナーがニヤニヤと笑っている。
「生憎今までの戦いで対策は使いきってしまったでの……」
ここに来るまでの戦いでウコンは眠り回復の道具を使ってしまっていた。
少年はウコンのその言葉を聞いて、耐えきれなくなったのか吹き出してしまう。
「あははっ、まだ気付かないのかい?」
怪訝そうな顔をするウコンに少年が言葉を続ける。
「あんた達が戦ってきたトレーナー達、あいつらには眠り技主体で戦うように
指示してあったのさ!」
そう、バトルにおいて最も有効な眠り技に対処する術を全て使わせた上で、
さらに眠り技主体で攻める。
それが少年、ミツルのタクティクスだったのだ。
「爺さん、あんたは僕と戦う前からすでに負けているのさ」
サーナイトのサイコキネシスが眠っているウインディ目がけ放射された。



ウコンとミツルが戦っているその横では、ヒースが別のトレーナーと戦っていた。
戦いは終盤、相手はあと2体。そしてヒースのポケモンはラグラージしか残っていない。
ヒースが操るラグラージが冷凍ビームで攻撃するが、敵のポケモンは
自己再生でそのダメージを回復させてしまう。
「まさか、あんたがソイツをゲットしていたとはね」
ヒースに対する男はピラミッドキング、ジンダイ。
ヒース達フロンティアブレーンを裏切り、出木杉についた男だ。
そして彼の使っているポケモンは青と白の二色で彩られたポケモン。
「いくら探しても見つからなかったわけだ……あんたがラティオスを……」
「ヒース、引いてくれないか」
ジンダイはヒースの言葉を遮ってそう提案する。
「元仲間に対しての情けかい?裏切り者がよくも……」
ラグラージが再び冷凍ビームを放つ。
「冷静さを失っているのか?その冷凍ビームでは心の雫を持った
ラティオスを落とせはせん」
「それはどうかな?」
ヒースの言葉を聞いたジンダイはラティオスに目をやる。
ラティオスは冷気によってその体を凍らされていた。
「む……」
「何度も冷凍ビームを続けていたのはこれを狙っていたからなのさ」
ヒースはラグラージにもう一度冷凍ビームを命令する。



冷気の光線がまっすぐにラティオスに向かっていく。
しかし、その光線を受けるべきラティオスの姿はかき消え、代わりに現れたポケモンが
それをその身に受け止めた。
「くっ!ラティオスを交代させたか」
「残念だったな」
ジンダイが出したのはレジアイス、ツツジの捕まえたのとは別の個体だ。
『冷凍ビーム対策、ということなのかい』
フロンティアブレーンにしては考えが甘い。
「ラグラージ、かわらわりだ!」
ラグラージの手刀がレジアイスに炸裂する。
その効果抜群の攻撃は急所に直撃し、ヒースは勝利を確信した。
しかしその攻撃を受けてなお、レジアイスは立っていたのだ。
「そんな……確実に仕留められるはずだ!」
「あらゆる可能性を考慮して戦うのがフロンティアブレーンというものだ」
ジンダイにそう言われたヒースはレジアイスをもう一度よく観察した。
その腕には布切れが巻き付けられている。
『きあいのタスキか!』
それに気が付いた瞬間、レジアイスは大爆発を起こしてラグラージを道連れにしてしまう。
これでヒースの手持ちポケモンは全て倒されてしまった。
対するジンダイは氷漬けのラティオスが残っている。
「ヒース、お前の……負けだ」



「ヒースが負けおったか、無念じゃが仕方ないの」
ウコンはミツルに敗北を認め、ヒースの元に駆け寄る。
「すみません、ウコン爺」
「こうなったら後はダイゴ殿に託すしかない……」
二人は穴抜けのヒモを使ってその場を去っていった。

「おじさん、そのポケモンはデキスギに内緒で持ってるんでしょ?」
ミツルの言葉にジンダイはギロリと睨み返す。
「そんな恐い顔しないでよ、チクりはしないよ」
面倒は勘弁だから、とミツルはジンダイを置いてさっさといなくなってしまった。
氷漬けのラティオスに回復の薬を与えて介抱するジンダイ。
「ヒースよ、お前はひとつ勘違いをしている」
そう、このラティオスはジンダイが捕まえに出向いたのではない。
“本来の主”の元に帰ってきたラティオスをジンダイが保護しただけなのだ。
「ヒース、ウコン……こいつを見て気付かなかったのか?」

そう、このポケモンはリラのラティオスなのだ。

バトルフロンティアが陥落したあの日、主がいなくなってモンスターボールに
帰れなくなったラティオス。
そんな迷子ポケモンを保護したジンダイが、ドラミの「スナッチ」の力で
ジンダイの命令下に置いたものなのだ。
「すまんな、ラティオス。もう少しでお前の主人に再会させてやるからな」
しかし、ダークポケモンと化しているラティオスにジンダイの声は届くことはない……



チャンピオンロード、地下2階。

暗闇の中、のび太のトロピウスのフラッシュの明かりを頼りに進んでいくドラえもん一行。
波乗りで地下水路を進んでいくと、目の前には地下とは思えないような光景が広がっていた。
「すごいや……地下に滝が!」
のび太が感嘆の声を上げる。
滝が発する霧がフラッシュの光を反射してキラキラと輝いているのだ。
「この滝を登れば後少しだよ」
スネ夫が滝の上を指差す。
「よし、ホエルオーで滝を登るよ」
全員がドラえもんのホエルオーに乗り込み、流れ落ちる水流に逆らいながら滝を登っていく。
しかし、滝を登った四人を待っていたのは戦闘準備万端のポケモントレーナー達だった。

「で、彼等はここで一旦足止めを受けるはずだったんだが……」
岩陰から現れたのはダイゴ。
その場にはドラえもん達の姿はすでになく、倒されたトレーナー達が力なく服に付いた砂埃を払っていた。
「まさかこの人数がタケシ一人にやられてしまうとは、彼らを鍛えすぎてしまったか……」
計画に微妙な狂いが生じている。



タケシ……ジャイアンは実に巧みな罠を仕掛けながら戦っていた。
複数人のトレーナーを相手に彼が出したのはバンギラス。
バンギラスが現れた瞬間、特性による砂嵐が発生し特防を上昇させた。
そして圧倒的な破壊力で敵を咬み砕く。
だが、バンギラスの恐ろしさはそこではなかった。
密閉空間である洞窟内での砂嵐はトレーナーの体力も大きく削られていく。
思考能力が低下し、反応が遅れる敵トレーナーをジャイアンのバンギラスは一人、また一人と撃破していったのだった。

今だに目すら開けられないくらい砂を浴びたトレーナー達を後目に、ダイゴもドラえもん達の後を追う。
「彼らがポケモンリーグにたどり着くまでに、ドラミがやることを終らせられるか……」
協力関係にあるが、ドラミの真の目的はダイゴも知らない。
だが「ドラえもん一行、特にノビタ」に出木杉を打倒させるのが目的のひとつであることはわかっている。
「誰が倒そうが結果は同じだと思うんだが、ドラミはそうは思っていないようだな」
その真の目的、意図をつかむことも頭に入れておかなければならない。
『何も知らぬまま、ドラミに利用だけされるなんて納得がいかないからな』



チャンピオンロード1階。

立ち塞がるトレーナー達を倒し、ドラえもん達はようやく出口の光を見つけた。
「いよいよ、出木杉の待つポケモンリーグに……」
「のび太くん、絶対にしずかちゃんを助けようね」
ドラえもんとのび太が覚悟を誓い合った時、出口の逆光に人のシルエットが浮かび上がる。
「そうはいかないよ。君たちは僕に倒されるんだから」
「ん、どこかで聞いた声だな……」
のび太は必死で記憶の糸をたぐり寄せる。
しかしやはりのび太だ、思い出すことはできない。
「以前恵んでやったポケモン預け屋の代金、ここで返してくれるかい?」
預け屋……
その言葉にのび太はハッとなった。
「まさか、ミツル君!!」
出口の光の中から現れたのはキンセツで出会った少年、ミツルだった。
「久しぶりだね、ノビタ」
見知った少年に出会った事で、のび太の緊張が一気に溶ける。
「ミツルく……」
足を踏み出そうとしたのび太をスネ夫が制止する。
「のび太、行っちゃダメだ。奴はボクと同じ匂いがする……」
スネ夫は一目で気付いたのだ。
ミツルの目の奥から感じられる闇のようなもの、それは嫉妬や妬みといった感情だ。



スネ夫の言葉に警戒を強める一行。
ミツルはやれやれといったジェスチャーをすると、隠していた憎悪を剥き出しにした。
「僕の望みはひとつ、ノビタと戦いたいだけだ!」
ミツルの唐突な宣言にジャイアンが反発する。
「俺達は出木杉をブッ飛ばしにいくんだ、邪魔するなよ!」
「知るか。僕はそのノビタを倒すんだ、お前らこそ邪魔するな!」
そんな舌戦の中、のび太が前に歩きだす。
そんなのび太を慌てて止めようとするドラえもん。
「のび太くん!」
「皆は見てて……」
その決意に、ドラえもんはのび太の腕を掴んでいた手を離してしまった。
三人が見守る中、のび太とミツルのポケモンバトルが静かに始められる。
「いけ、チルタリス!」
「ピー助、頼むよ」
ミツルはチルタリスを繰り出し、のび太はトロピウスで応戦する。
「チルタリス、うたうんだ!」
チルタリスの歌声を聴き、睡魔に襲われるトロピウス。
「ね、ねむけざましを……」
のび太が慌ててトロピウスに眠気覚ましを振りかける。
目を覚ましたトロピウス、その眼前にはすでにチルタリスが迫っていた。
「ゴッドバードッ!」
ミツルの命令を受け、チルタリスはゴッドバードでトロピウスを吹き飛ばす。



「ピー助っ!」
壁面に叩きつけられたトロピウスはかなりのダメージを受けているようだ。
「のび太、もう一発くるぞ!」
外野のスネ夫が警告するが、その時はすでにチルタリスは再び行動を起こしていた。
再びゴッドバードの一撃を受け、トロピウスはその体を地に伏せたまま動かなくなった。
「も、戻れ……」
トロピウスを戻すのび太に、ミツルは話しかける。
「最初に君に会ったとき、君は僕より弱いトレーナーだった……」
育て屋にポケモンを預け、それを引き取れないほど困窮もしていた。
そんなのび太にすがりつかれ、ミツルは引き取り料を立て替えたのだ。
「そして次に見掛けたとき、君のそばには二人の仲間がいた。だけど……」
ミツルはその後、ある真実を知ってしまった。
握った拳がワナワナと震える。
「僕は今の君達、特にノビタを許すことができない!」
その迫力に圧倒されるのび太。
だが、のび太にも引けないわけがある。
「しずちゃんを助け、出木杉を倒さなきゃならないんだ!」
のび太はモンスターボールを投げる。
現れたのは金属質の青いボディに包まれた四つ足のポケモン。
「ダイゴさんから貰ったこのポケモン、メタグロスで君を倒す!」