ベースボール



データ

  • 任天堂:2006年12月02日配信
  • 任天堂:1983年12月07日発売
  • ジャンル:SPT
  • プレイ人数 1~2人
  • コントローラ:リモコン・GC・クラコン
  • 使用ブロック数:
  • 攻略ページ
  • 紹介ページ

概要

  • 野球を簡略化した形でゲーム化した作品。
  • 現在でこそ地味に見えてしまうが、
    当時のコンシューマーゲームの基準で見ると豪華なグラフィックやCPU戦モードが印象的だった。
  • 本作の操作系はその後の野球ゲームに大きな影響を与えた。

初期選択

  • C・D・G・S・T・Wの6チームから選択する
    これらは当時のセ・リーグ6球団のチーム名の頭文字
    ユニホームの色も各チームのカラーに合わせた色となっている
C 広島東洋カープ 赤、白
D 中日ドラゴンズ 水色、白
G 読売ジャイアンツ 黒、白
S ヤクルトスワローズ 青、水色
T 阪神タイガース 黒、水色
W 横浜大洋ホエールズ 青、白

  • 1人用の場合、先攻になるか、後攻になるかはランダム
    • 2人用の場合は、コントローラーI側が先攻、コントローラーII側が後攻になる
  • コンピュータはランダムに最初から決まる
    • セレクトボタンを押しながら電源を立ち上げるか、リセットボタンを押すとタイトル画面に入らず相手は必ずGチームとなる

プレイ内容

基本的に野球のプレイと同じ。投手は変化球や速球、牽制球を投げることもできる。選手を選ぶことはできず、右打者や左打者、右投手や左投手はランダムである。投手はいくら投げてもスタミナが衰えることはない。

走者はいつでも進塁を試みることができる。打者が打った際、守備側は捕球動作を操作することができず、捕球は自動的に行われる。ただし捕球後はプレイヤーが指定した塁に向かって送球させることができる。また、守備はお粗末なもので簡単なゴロが外野に飛ぶこともしばしば。

9回まで行って決着がつかなかった場合、延長戦などは行わず試合終了となる。

CM

盗塁、ダブルプレー等、きめ細かな試合展開

他作品との関連

  • 本作はアーケード作品「vs.ベースボール」として逆移植されている。
    守備時にピッチャー側からの視点となるといった2画面を生かしたアレンジがされている。

  • VCで配信されているソフト
    • ベースボール(ゲームボーイ版)?(GB)
      • 名前こそ一緒だが実質リメイクに近い作品。
        また通信ケーブルを用いてアーケード版のように対戦プレイができる
        …のだがVCでは再現されず。

  • 関連するアーケード作品
    • vs.ベースボール(AC)