スーパーファミコンウォーズ

データ

  • 任天堂:2009年02月16日配信
  • 任天堂:1998年05月01日書き換え開始
  • ジャンル:SLG
  • プレイ人数:1人~4人
  • コントローラ:GC・クラコン
  • 使用ブロック数:27


  • このソフトが遊ばれた時間・回数(ニンテンドーチャンネル2011年4月27日更新分)
    • 全国の合計:115,676時間 44,574回
    • 1人あたりの平均:49時間22分 19.02回


概要

ファミコンウォーズから実に10年の時を経てリリースされた続編。
しかし書き換えサービス「NINTENDO POWER」専用のソフトだったため知名度は低い。

内容的には純粋にバージョンアップ版と見て良い。
  • ユニットの種類が24種類に増加
  • ユニット出撃数の上限が60になった
  • マップが44面に増えた
  • 一部のユニット性能の見直し
  • CPUの思考パターンを擬人化した「ショーグン」の概念が初登場。
  • 4人対戦が可能になった
  • 策敵モードが追加された
  • CPU思考ルーチンの高速化
  • その他いろいろ

特に「ショーグン」の概念は以降のシリーズにもお約束として受け継がれることになった。

なお、VC版ファミコンウォーズには、Aボタンを押している間コンピュータの思考時間や
音楽などの全ての動作を速めることが出来る『加速モード』機能が備わっていたが、
本作にその機能はない。
しかし本作は思考ルーチンや処理が前作と比べて格段に向上しているうえ、
オプションに「こうそくモード」という項目があり、これをオンにすると
アニメーション処理などをカットしてスムーズな展開が出来るために
『加速モード』はなくても元から快適に遊べるように作られている。

裏技


他作品との関連

  • 扱う題材が戦争という事もあってか、国内では不遇な扱いを受けるシリーズである。
    • GBA版は発売直前で同時多発テロが発生し無期延期に…
      (後に1と2をカップリングして国内でも発売)
    • 海外ではDS版の2がリリースされており、国内でも発売予定となっていたが、
      2010年7月に公開された第1四半期決算参考資料からその名前が消滅したため、
      国内での発売は見送られたと思われる。