ヘラクレスの栄光IV 神々からの贈り物



データ

  • パオン:2008年04月22日配信
  • データイースト:1994年10月21日発売
  • ジャンル:RPG
  • プレイ人数 1人
  • コントローラ:GC・クラコン
  • 使用ブロック数:37
  • 紹介ページ
  • 攻略ページ

概要

ギリシャ神話をモチーフにしたRPG。
ある事件で肉体を失った主人公が、託された使命を果たす為、
また自分の体を取り戻す為に冒険する。

シナリオ

シナリオは前作ヘラクレスの栄光III 神々の沈黙に引き続き、
のちにFF7などを手がける野島一成が担当。
評判は前作に比べると今一つだが、意外な展開や仲間キャラ同士の掛け合いなど、
SFCのRPGとしては良作と呼ぶに十分である。

トランスファー

本作の最大の特徴と言えるシステム。
前述の通り、主人公は物語の冒頭で魂だけの存在となり、
「トランスファー(乗り移り)」の能力を与えられる。
この能力を使い、旅先で出会う人や動物の体に乗り移って冒険していくことになる。
乗り移れるキャラクターは100体以上。一度出会った体は、いつでも切り替えることができる。
戦闘で1つの体を長く使いこむと、体ごとに様々な特技を覚えていく。
また、街の人に話しかける時、乗り移っている体によってセリフが変化することもある。

充実したシステム

前作に比べ、システム面で大幅な向上が図られている。
  • 移動速度がアップ
  • 所持可能アイテム数が大幅に増え、整理コマンドも登場
  • 戦闘中はボタンを押しているだけでメッセージが早送りになる。
  • シリーズの特徴である戦闘中の「かけ声」「悲鳴」を、自分で作れる
  • ボタン設定を変更可
  • メッセージウィンドウの色調を細かく変えられる
など。
システム設定画面の充実ぶりは、RPGとしては最高レベルである。

戦闘の難易度

戦闘はドラクエに近いターン制のコマンド選択タイプ。
本作では「天気」という要素が存在し、魔法や特技で天気を変えると攻撃魔法の威力に影響する。
(例:天気が日照り→火属性の威力アップ)
この天気や特技といった要素を利用すれば、戦闘(特に中ボス戦)がかなり楽になる。

他作品との関連

  • どの作品からプレイしても楽しめるようになっている