スーパーマリオUSA



データ

  • 任天堂: 2007年08月10日配信(Wii)/2012年11月28日配信(3DS)
  • 任天堂: 1992年09月14日発売(『夢工場ドキドキパニック』は1987年07月10日)
  • ジャンル: ACT
  • プレイ人数: 1
  • コントローラ(Wii): リモコン・GC・クラコン
  • 販売ポイント: 500
  • 使用ブロック数
    • Wii: 92(20)
    • 3DS: -(-)
  • 攻略ページ
  • 紹介ページ

  • このソフトが遊ばれた時間・回数(ニンテンドーチャンネル2011年4月27日更新分)
    • 全国の合計:65,402時間 145,276回
    • 1人あたりの平均:3時間44分 8.31回

概要

  • 元になったのはディスクシステム用ソフト『夢工場ドキドキパニック』
  • 海外ではキャラをマリオ達に変更し、多少の追加要素を加えて「SUPER MARIO BROS. 2」として発売された。
  • 本作はこの「SUPER MARIO BROS. 2」の国内版である。
  • そのためゲームシステムがスーパーマリオブラザーズとは大幅に異なっている他、敵もクッパではない。
  • キャサリンやヘイホーなど多数のキャラが本作をきっかけにして正式にマリオシリーズのキャラとなる。

ゲーム内容

  • ステージ開始時にマリオ・ルイージ・ピーチ姫・キノピオの4人から一人を選ぶ。ステージ途中での変更はできない。
  • ライフが0になると1ミス。敵を倒すとたまに出てくるハートを取れば回復。キノコを取ればライフゲージが1増える。
  • しゃがみ状態をしばらく維持しているとキャラが光りだす。その状態でジャンプすると大きく跳べる。
  • 本作の特徴として、Bボタンによる「引っこ抜く」アクションがある。
    地面に埋まっている野菜やブロック、果ては敵まで引っこ抜いて投げつける事ができる。
    • 鍵を持っている場合は強敵「カメーン」がしつこく追いかけてくる。こいつにトラウマを受けた子供達は多いw
  • 薬ビンを投げるとマップの「裏」へ通じるドアが出てくる。貴重なアイテムやワープゾーンがある場合が多い。
  • 各ページをクリアするとスロットマシーンが遊べる。ここではゲーム中に入手したコインを使う。
    • チェリーが出ればその数に応じて残り人数が増える。また同じ絵柄が3つ揃っても1UPする。
  • 各チャプターは3ページで構成されている(チャプター7は特殊ステージで2ページまで)。全20面。

他作品との関連



  • VC配信が期待されるソフト
    • 夢工場ドキドキパニック(FC:DISK)
      • 本作の元になった作品。プレイヤーキャラはイマジンファミリーの4人。
    • スーパーマリオコレクション(SFC)
    • スーパーマリオ ヨッシーアイランド(SFC)


  • 関連するアーケード作品
    • マリオブラザーズ(AC)
    • vs.スーパーマリオブラザーズ(AC)