グレイランサー



データ

  • NCS:2008年2月26日配信
  • NCS(メサイヤブランド):1992年7月17日発売
  • ジャンル:STG
  • プレイ人数 1人
  • コントローラ:リモコン・GC・クラコン
  • 使用ブロック数:26
  • Wiiポイント:600
  • 当時の販売価格:8,300円
  • 攻略ページ
  • 紹介ページ

概要

 本作は1992年に日本コンピュータシステム(NCS)がメガドライブ専用ソフトとして発売した横スクロールシューティングである。全11ステージで構成され、オープニングとエンディング、及び一部のステージ間には、PCエンジンばりのビジュアルシーンが挿入される。

 発売日がテクノソフトの名作シューティングゲーム『サンダーフォースIV』の1週間前だったことと、「美少女が登場することがウリ」のビジュアルシーンが敬遠されたのか、当時はあまり話題にならずに消えてしまった不遇のソフトである。

 この手のシューティングゲームには付き物のパワーアップシステムだが、本作の場合、『ガンナー』と呼ばれる7種類のオプション武器と、『ムーバー』と呼ばれるガンナーのフォーメーションシステムが特徴となっている。

キャラデザインは後にエロ漫画家となるあいざわひろし。開発スタッフ自ら創刊したグレイランサーの同人誌は一部で話題に。

本作の特徴『ガンナー』と『ムーバー』システム

 本作は、自機の性能は一切パワーアップしない。そのかわり、ステージ中の決まった場所に配置されているガンナーを入手することで、自機の周りにオプションパーツが装着され、攻撃力を増すことが出来る。ガンナーを2つ取得すればフル装備となるため、ミスからの復帰は比較的容易である。

 次に、本作の一番の特徴といえるムーバーシステムの説明をしよう。ムーバーシステムとはゲーム開始時にガンナーの配置と操作方法を選択するもので、「イメージファイトのビットっぽい動き」や「グラディウスのオプションっぽい動き」など、7種類の中から選べるようになっている。要するに「有名ゲームのオプションシステムを取り揃えたから好きなの選んでね」という、よく云えば大判振る舞い、悪く云えば節操がない…そんな感じのシステムである。また見方によってはグラディウスVのオプションシステムを10年以上前に先取り!と云えなくもない。

ガンナーの種類と特徴

ガンナー 説明
ツイン 最も標準的な攻撃力を持つショット
レーザー 敵を貫通するショット。オールマイティに使える
バウンド 壁に当たると跳ね返るショット。狭い地形で威力を発揮する
バーナー 炎のショット。攻撃力は高いが飛距離がやや短い。敵が見辛いのが難点
スプレッド 敵や障害物に当たると爆風が発生し攻撃が持続する。連射が利かない
5WAY 5方向を扇状に攻撃するショット。連射が利かない。地雷ぎみ
セイバー 最大の攻撃力を持つが飛距離が短い。最も使う場所を選ぶ武器

ムーバーの種類と特徴

ムーバー 説明
ノーマル 自機の上下にガンナーが配置される。
方向キーを入れた方向にガンナーのショットを撃つ。
Cボタン:ショットの向きを固定する
リバース 自機の上下にガンナーが配置される。
方向キーとは反対の方向にガンナーのショットを撃つ。
Cボタン:ショットの向きを固定する
サーチ 自機の上下にガンナーが配置される。
自動的に敵をサーチする。
Cボタン:使用しない
マルチ 自機の上下にガンナーが配置される。
3方向ショットで、自機を前後に動かすことで角度を変えることが出来る。
Cボタン:ショットの向きを固定する
マルチR 自機の上下にガンナーが配置される。
Cボタン:ショットの向きを固定する
シャドウ 自機をトレースする。グラディウスのオプションと同じ動き。
ショットの向きは常に前方固定。
Cボタン:ガンナーの配置を固定する
ロール 自機の周りを回転する。ネタ装備。
Cボタン:ショットの方向を切り替える(「前方固定」又は「16方向」)

シューティングゲームを始めたい人にぴったりの難易度

 本作の『NORMAL』の難易度は、VCで配信中のシューティングゲームの中では、かなり低めに設定されている。「シューティングゲームに興味があるけど、横スクロールシューティングはなんだか難しそうで…」と考えている方には、入門用として最適なのではないだろうか。
 特にゲーム開始時のムーバー選択を『サーチ』にすれば、ガンナーが自動的に敵を追尾して攻撃してくれるし、操作ボタンも一つ少なくなる。攻撃と避けに集中出来るため、とてもお勧めである。

 またコンティニューも無制限で使用出来るし、再開時にムーバーを選択し直すことも出来るので、手詰まりとなることも少ないだろう。それにVCの中断機能もあるので、数日掛けてちょっとずつ進めることだって出来る。そして最後にはきっと「全面クリア」という大きな達成感を得ることが出来るだろう。

本作の本気『HARD』モード

 シューティングゲームに慣れている方や、NORMALモードをクリアした方、そして元々ゲームが上手い方は、おそらく本作のNORMALの難易度では物足りなく感じるだろう。ステージがやや冗長に思えてくるし、敵の攻撃が薄くミスをする要素も少ないので、11ステージという長丁場の中で次第に飽きが来てしまう。
 そんなあなたには是非『HARD』モードに挑戦して頂きたい。

 本作の難易度設定、NORMALモードとHARDモードとを比較すると、ゲーム性がかなり異なることに気づく。大雑把に云うと「敵の数が増える」「敵弾のスピードが2倍近くになる」という違いなのだが、このことがゲーム内容に大きな変化をもたらすのである。

 まず、敵の弾速が速く自機を正確に狙って来るため、敵を撃ち逃すと厄介なことになる。その為「出現と同時に倒す」ことが非常に重要になる。従って敵の出現パターンを把握するのがクリアの大前提となる。

 さらにNORMALモードでは非常に有効だった『サーチ』だが、HARDモードではやや厳しくなる。常に狙った方向を攻撃してくれるとは限らず、敵の出現数が増えたことで攻撃も分散される為、パターンが安定しないのだ。従ってHARDモードではサーチではなく別のムーバータイプを選択した方がよいだろう(筆者としては『リバース』『マルチR』あたりがお勧め)。

 また、本作は「死ぬと所定のポイントまで戻される」方式なので、ミスを繰り返すことで次第に敵の出現パターンを覚えられ、自分なりの復活パターンを構築できるだろう。まさに『R・TYPE III』『イメージファイト』などに代表される「パターン構築型シューティング」の醍醐味が存在するのである。

 ゲームに集中したい人の為に、OPTIONモードでビジュアルシーンをカットすることも出来るようになっているので、必要に応じてこちらも活用したい。

音楽が素晴らしいのです

 本作の音楽は、『グランディア』シリーズ、『ラングリッサー?』シリーズを作曲した岩垂徳行氏をはじめ、溝口功氏、窪寺義明氏、曳地正則氏らが担当している。疾走感と哀愁を感じる楽曲群は、まさに名曲揃い。特に1面の音楽は耳に残る素晴らしい名曲である。
 なお、本作にはサウンドテストもあるので、珠玉の音楽をじっくり堪能することが出来る。

裏技

MANIAモード

  • タイトル画面で上、下、左、右、B、Aの順に入力する。タイトルの文字が金色になりマニアモードをプレイ出来る。

+以下ネタバレを含みます。続きを読む場合は+をクリック

ステージセレクト

  • ステージ開始直後の「STAGE XX START」が表示されている間に、B、B、C、A、上、下の順に入力する。

残機増殖

  • ゲーム中にポーズをかけ、上、下、A、B、C、左、右、C、B、Aの順に入力する。

他作品との関連


土田俊郎氏プロデュース作品


VC配信が期待されるソフト