マジシャンロード



データ

  • D4エンタープライズ:2007年9月28日配信
  • アルファ電子(開発)SNK(販売):1990年4月26日発売
  • ジャンル:ACT
  • プレイ人数:1~2人
  • コントローラ:GC・クラコン・リモコン
  • 使用ブロック数:67
  • ネオジオ用メモリーカードのエミュレート有り


概要

一般的な縦横任意スクロールのサイドビューアクションゲーム。
主人公の魔法使い「エルタ」を操り、
敵やトラップなどを掻い潜りながら中ボスまで辿り着き、
中ボスを倒すとステージボスとの一騎打ち。ボスを倒すとクリアとなる。
クトゥルー神話をモチーフにした不気味な敵や背景で、
全体的にホラー色を全面に押し出している。
要するにADKの作った魔界村である。

元々MVS(アーケードで稼働するネオジオ筐体)のゲームとしても、
同時稼働していたため、難易度の基準がゲームセンターに同調している。
そのため、凡そ家庭用ゲームではありえない高難易度のゲームとなっている。
VCでの購入の際はこの難易度の点にだけは留意して頂きたい。

詳細はWikipediaや、様々な紹介ページも併せて参照のこと。


操作説明

基本的な操作はジャンプと左右ボタンで移動、
ハシゴやツタの昇降に上下ボタン、ショットボタンでショットを発射。
宝箱を壊しアイテムを取る事で、ショットが変化(詳細はSNKプレイモア公式紹介)、
状況やプレイヤーの得手不得手に合わせ、変更しながら進む。

ただし似たタイプの魔界村とは、操作感覚には大きな違いがある。
1.ジャンプ後もレバーの入力に応じ、飛距離やジャンプの方向が変わる点
2.ジャンプの高さがボタン押下時間で変わる点
いずれもジャンプに関する点での相違であり、
この独特の操作感覚が、ただでさえ高い難易度を更に引き上げている。


ステージ構成

全8ステージで、各ステージは通常面とボス面に分かれている。
(ただし最終面のみ中ボスオンパレードと最終ボスという構成)
ステージの最後には中ボスが待っており、これを倒す事で、
ボス面に自動的にワープするようになっている。

またボス面で死んだ時はボス面からスタートするが、
中ボスで死んだ場合はステージ道中で死んだという事になり、
ステージの頭に戻されてしまう。
このため、中ボス攻略を含めた道中の攻略法を徹底的に頭に叩き込み、
ノーミスで進めるようになるのがこのゲームの攻略の要と言える。
なおコンティニューの際は必ずステージの最初からになる。

因みに、中ボス撃破後のボス面へのワープの際に、
「ガル・アジース」というヒゲ男がデモシーンで喋るのだが、
その棒読みは、今まで多くの人々の集中力と腹筋を打ち砕いてきた。
初見の人は注意すべし。中毒性も高く、脳裏から離れなくなる恐れ有り。


ネオジオ用メモリーカードのエミュレート

本作品では、ネオジオ用メモリーカードを使用したセーブも、
エミュレートされている。
ゲームオーバーの後に、メモリーカードに記録するかどうかを、
尋ねてくるので、指示に従えばセーブをおこなうことができる。

セーブすると、ゲームオーバーになったステージの最初に戻され、
武器も初期段階になるが、クレジットと残機は最初に戻る。
ボス面まで進んでいる場合でもステージ頭からのスタートとなる。


他作品との関連

これらのゲームは、ゲーム性は全く違っているが、
マジシャンロードと共通した敵キャラも数多く出てくる。
これらの配信が強く待たれるところである。