魔界村(ファミコン版)



データ

  • カプコン:2007年11月20日配信(Wii)/2013年2月13日配信(3DS)
  • カプコン:1986年6月13日発売
  • ジャンル:横スクロールアクション
  • プレイ人数:1人
  • コントローラ:リモコン・GC・クラコン
  • 必要ポイント:500
  • 使用ブロック数:21(Wii)
  • 当時の販売価格:5,500円
  • 紹介ページ

概要

  • 本作は同名アーケード作品からの移植である。
  • 全体的に動作がガクガクで移植度はそれほど高くなく、難易度もアーケード版に比べ理不尽に高くなった。
  • 移植はマイクロニクスが担当。同社はほかにもFC版『ソンソン(カプコン)』『エグゼドエグゼス(カプコン)』『もっともあぶない刑事(東映動画)』などの移植・開発を行っている。
  • Wiiではオリジナルのアーケード版が配信されているので、あえてファミコン版を選ぶ理由は薄い。ファミコン版に特別な思い入れがあるなら別ですが…
    3DSオンリーの人は諦めてこっちを練習しましょう。

ストーリー

魔界を統べる魔王アスタロトにさらわれたプリンセスを救う為、騎士アーサーは単身魔界へ乗り込みます。
アーサーは魔界を守る6人の門番達を倒し、魔王の潜む部屋へとたどり着けるでしょうか。

特徴

  • 十字キーとB(攻撃)ボタン、およびA(ジャンプ)ボタンによりアーサーを操作する。
  • 敵の攻撃を一度受けても、鎧が壊れて裸状態となるだけで即ミスにはならないが、裸状態でさらに敵の攻撃を受けると骸骨になり1ミスとなる。
    アーサーは鎧の下になぜかいちご模様のパンツしか穿いていない(なおFC版はキャラクタが簡略化されているため赤いブリーフのように見える)。
  • ステージ外に落下した場合は即ミスとなる。
    アーサーはジャンプの軌道を途中で変えることが出来ないため、ジャンプミスによる落下死の危険がとても高い。
  • 鎧はステージ中の特定の場所を通過すると、隠しアイテムとして出現する。
    裸状態のときにこのアイテムを取ることで鎧を着た状態に復帰できる。またステージをクリアした場合も鎧状態に回復する。
  • アーサーの初期武器は槍だが、道中の敵を倒すとたまに武器アイテムが出現し、これを拾うことで武器を変えることが出来る。
    なおミス後の再開時は最後に入手した武器となる。
  • 全2周6ステージ。
  • さらわれたプリンセスの名前はプリンプリン。1979年から1982年にかけてNHKで放送された人形劇『プリンプリン物語』からとったものと思われる。
    本作の続編『大魔界村』のエンディングでプリンセスの3サイズが公開された。
  • ファミコン版は1986年6月13日(金)に発売された。
    13日の金曜日は英語圏、ドイツ、フランスなどの迷信で不吉な日とされているが、それを意識して発売日を決めたかどうかは定かではない。

隠しコマンド(Wikipediaからの転載です)

コンティニュー

  • タイトル画面で、右ボタンを押しながらBボタンを3回押してスタートする。

ステージセレクト

  • タイトル画面で、右ボタンを押しながらBボタンを3回押し、上ボタンを押してBボタンを3回押し、左ボタンを押してBボタンを3回押し、下ボタンを押してBボタンを3回押す。

CM

「ファミコンソフト魔界村、デビューが6月13日になっちゃった」
※音量注意

他作品との関連

  • 本作と同じものがGBAでファミコンミニとして発売されている。
  • どの作品からプレイしても楽しめるようになっている


  • VC配信が期待されるソフト
    • レッドアリーマーII(FC)
    • デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編(SFC)

  • 関連するアーケード作品