※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5.

「戦闘型に、進化した!?」
 白いキャストの男は、驚きを隠せないといった様子で叫びました。
「チッ、だから何だってんだ!」
 金髪の男が起き上がります。
「進化したてのパシリが一体いたとこで、状況は変わりゃしねえ。
 むしろコイツもふん捕まえて、売っ払ってやりゃいいんだよ!」
 男は、<ソダ・キャリバ>を肩に担いで、歩いてきます。
 私は振り返って、男をキッと睨みつけました。
 ご主人様にこんな傷を負わせたばかりか、信念までも踏みにじった相手。
 絶対に、許せない――!!
 モードを戦闘用に切り替え。右手を背中に回し、戦うための武器を呼び出します。
 イメージします。立ち塞がるものすべてを薙ぎ払う巨大な剣を。
「私は……ううん。ご主人様だって――」
 今なら、できる! 戦える!
「まだ負けてなんかいない!」
 フォトンのきらめきと共に抜き放ったのは、長剣<ハンゾウ>。
 さっきまでは握ることすら叶わなかった、ご主人様のための剣。
 美しさと力強さを兼ね備えた優美なフォルム。
 自分の身体の何倍もの刀身を持つそれを、私は構えました。
「抜かせ、チビが!」
 金髪男が、勢いよく<ソダ・キャリバ>を振り下ろします。
「ええええぇぇぇぇいっ!」
 迫る刃に、私は握った剣を力任せにぶつけます!
 巨大な刃同士がぶつかりあい、激しい火花が散りました。
 そのまま、つばぜり合いへ。
「っく、うう……」
 高レベルガーディアンの腕力、加えて上からの攻撃。私は早くも押され始めました。
 でも。それでも。
「負けるわけには……いかないんです!」
 できあがったばかりの脚のシリンダーを、肩のモーターをフル稼動させて、私は抗います。
「あなたたち、なんかにっ!」
 気合一閃。強引に剣を振り抜きました。
「うおっ!?」
 男が体勢を崩した一瞬。見逃しません!
「負ける、もんかぁぁぁぁっ!!」
 剣を振り上げ、大きくジャンプ。
 男の頭上目がけて、カラダを思い切り回転させつつ振り下ろします。
「ぐっ!」
 再び散る火花。
 とっさに構え直された剣に弾かれた斬撃は、それでも男を大きくよろめかせました。
 男が2、3歩後退します。
「この、俺が、俺が……たかがパシリに!」
「遊んでいられる場合でもなくなったか。私も」
 後ろに控えていたキャストの男が、短銃を構えました。
「うるせえ!」
 しかし、金髪男は怒鳴り声でそれを制しました。
「こんな奴、俺一人で十分なんだよ!」
「意地を張るな。たかがマシナリーと言えど――」
 二人が口論になった、そのとき。
「……届けぇ!!」
 キャストに捕らわれていたヒューマンの少女が、口にくわえた何かを放り投げました。
 あれは――<スターアトマイザー>です!
 その容器は霧状の薬剤を振りまきながら、横たわるご主人様に向かって飛んでゆきます。
「貴様!」
 それを見たキャストは、少女の胸倉を掴んで床に叩きつけました。
「ほっとけ! あんなモヤシが回復したって、どうってことねえ!」
「……そうとも、限らないぜ」
 背後からの声に振り向くと、今まさに、ご主人様は立ち上がろうとしていました。
「ご主人様!」
 大きな傷やアザは治っていませんが、今の薬でかなり回復したようです。
 ご主人様はナノトランサーから片手杖<バトン>を取り出すと、それを頭上に掲げました。
 すると、杖の先端が燃え上がり、辺りに赤い光が広がりました。
 補助テクニック<アグタール>。私のカラダが、赤いヴェールに包まれます。
 暖かなフォトンの流れに乗って、ご主人様の想いがパーツの隅々まで染み込んできます。
 ――ああ! パワーが出てきました!
 ご主人様は、私の名を呼び、叫びました。
「こいつらはガーディアンなんかじゃない! 容赦はいらないぞ!」
「……はい! やっちゃいます!」
 私は答えると同時に<ハンゾウ>を振りかぶり、男に向かって突進します。
「やああああっ!」
 怒りも受けた苦しみも、全部まとめて勇気と闘志に変換。
 ご主人様のために、戦える。
 ご主人様と一緒に戦える。
 私の小さなフォトンのハートは真っ赤に燃え上がり、今やスパーク寸前です!
「そんな小細工がっ!」
 吼える金髪男。
 二本の長剣が、再び激しくぶつかり合いました。
 もう一度。さらにもう一度。弾けるフォトンの飛沫。
「ええいっ!」
 ご主人様への想いを力に変えて、私は剣を振り続けます。
 突き、横薙ぎ、兜割り。
 何度受け止められても、攻め続けるのはやめません。
 ご主人様も頑張っています。
「これでどうだっ!」
 怒声とともに放った<フォイエ>が、キャストの短銃を吹き飛ばすのが見えました。
「いいかげんに……」
 しびれを切らしたのか、金髪男は私の剣を強引に押し返すと、
 腰を低く落とし、剣を大きく後ろに引きました。
「死ねやぁっ!!」
 襲ってきたのは、突風のような薙ぎ払い。
 だけど、苦し紛れのその一撃は隙だらけ。
「はっ!」
 私はジャンプで薙ぎ払いを避け、そのまま刀身の上に着地します!
「なにぃ!?」
 振り回される遠心力で回転しつつ、大きくジャンプ。
 宙返りしながら<ハンゾウ>をトランサーに収め、私に与えられたもうひとつの武器――
 一対の双剣、<デスダンサー>を抜きました。
 そのまま、左手の剣を眼下に投げつけます!
 放った剣は矢のように飛び、金髪男の<ソダ・キャリバ>を貫いて床に縫いつけました。
「すきだらけです!」
 落下の勢いに乗せて、私は残った右手の剣を振るいます。
「なめるなぁ!」
 小剣を抜いて待ち受ける金髪男。
 けれど。
「こっちにもいるぞ!」
 突然の声に、男が驚愕の表情を浮かべました。
 声の主はご主人様。床に刺さった私の剣を抜いて、男に斬りかかったのです!
 生まれる大きな隙。
「「はああああぁぁぁぁっ!!」」
 重なる私とご主人様の雄叫び。
 二振りの斬撃が、金髪男に炸裂しました。
「が――っ!!」
 男は声にならない叫びを上げ、大きくよろめきました。
 シールドラインのおかげで外傷はないようですが、今の一撃は相当こたえたようです。
「てめえら……調子に乗りやがって!」
 恨み言のように言う男に、私たちは再び剣を構えます。
「やむを得んな。この手段に頼ることはないと思っていたが――」
 短銃をご主人様に焼き払われ、ほとんど動かずにいた白いキャストの男が、
 ヒューマンの少女の長い髪を引っ張って強引に立ち上がらせました。
「これ以上の抵抗はしないでもらおう」
 小剣を取り出し、少女の首に突きつけます。
「さもなくば、わかるな?」
 私の、ご主人様の手が止まります。
 ……今度は人質。
 どうやらあのキャストの男も、金髪男に負けず劣らず腐っているようです。
 ご主人様の表情から、怒りの色が溢れ出てゆきます。
「武器を捨てろ。それから――」
「――そこまでだ!!」
 私たちが剣を握る手を緩めようとした瞬間、鋭い声が部屋に響きました。
 続いて、銃声。
 白いフォトン弾が飛来し、キャスト男の持つ小剣をてのひらごと撃ち抜きました。
 さらにもう一発。キャスト男左腕に命中し、ヒューマンの少女を解き放ちます。
 金髪男が銃声のした方――この部屋の入口を振り返ると、
「なんだ、誰――」
 その顔面に、巨大な土塊<ディーガ>がぶつかりました。
「だぁああああっ!?」
 男は勢いのままに吹き飛ばされ、相方の白いキャストに激突します。

「間に合いましたか」
「よう^^」
「遅くなったけど、生きてる?」
 部屋に飛び込んできたのは、長銃を抱えたキャストの女性、大斧を担いだビーストの男性、
 そして、長杖を持ったニューマンの少女。
 ご主人様のお友達のみなさんでした。
「おまえら、どうして……」
「どうしてじゃないわよ、まったく!」
 驚くご主人様に、ニューマンさんが怒鳴ります。
「本当に世話の焼けるヒトですよ、貴方は」
「まあ話は後だ^^」
 それに続く、キャストさんとビーストさん。
「そうね。まずやんなきゃいけないことは――」
 ニューマンさんは<メイロドウ>を構えて。
「この二名を逮捕して、本部に突き出すことです。証拠は十分でしょう」
 キャストさんは眼鏡を直しながら、右手の<ファントム>をくるくると回して二人の男に迫ります。
「な、なんだてめえら……! てめえらごときに、俺らがやられるとでも――」
 吠える金髪男の傍らに、ズダン! と音を立てて、<アンク・バルデ>が突き立てられました。
「連れが 世話になったな^^」
 笑顔のビーストさん。でも、目は笑っていません。
「なっ、こいつは……」
 男たちの顔が青ざめてゆきます。
「長靴に、光ラインと闇アックス……まさか、『聖地の脳筋王』!?」
「^^」
「お、終わった……」
 さっきまでの威勢はどこへ行ったのか。
 二人の“初心者狩り”は情けない表情のまま、キャストさんのフリーズトラップに固められました。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー